カードキャプターさくらリバイバル上映舞台挨拶レポート

1/21 に開催された、カードキャプターさくらリバイバル上映の舞台挨拶のレポートです。
当日書いた記事にさくらblog の記事と各メディアのレポートへのリンクを貼っていますので、写真などはそちらから見ることができます。

私は 09:00 の回と 11:30 の回、どちらも参加できたので両方について書きたいと思います。ただし 11:30 の回のトークの半分くらいは 09:00 の回と同じ内容でしたので、その部分は省略します。
なお、席の最前列がメディア用に確保されていたのですが、 11:30 の回は一人もいなかったため各メディアのレポートは 09:30 の回のものばかりです。

09:00 の回は 3 列目中央の席で見ることができました。
前述の通り最前列はメディア用だったので、実質的に 2 列目中央ですね。舞台挨拶の前に本編上映があったのですが、少し近いので見上げる形にはなりましたが見やすい位置でした。ちなみに、デジタルリマスターされたバージョンでの上映でした。また、初回上映時に同時上映された CLOVER の上映はありませんでした。

本編に続いての舞台挨拶は 10:30-11:00 の 30 分間でした。
司会はアニメ好きで有名なフリーアナウンサーの松澤千晶さんでした。松澤さんの挨拶の後、舞台右側上手から丹下桜さんと岩男潤子さんが登場。松澤さんの立ち位置が一番左の下手側で真ん中が桜さん、右側が岩男さんという順番でした。私の席は桜さんを少し左に見る位置だったのですが、おかげで桜さんが岩男さんの方を見て話すたびにほぼ正面から桜さんを見ることができました。

ここから、松澤さん司会で進むトークを書いていきますが、発言そのままではなくメモから再構成したものですのでニュアンスなどが違う可能性はあると思います。その点、ご了承ください。

桜さん「この映画を今日初めて見た人?ちらほらいますね。それ以外のほとんどの人はプロのお客様ですね。みなさんの応援のおかげでこうしてリバイバル上映が実現しました。自分では 17 年前に劇場で一回見た以外は 5 年前に京まふで岩男さんとくまいもとこさんと見ただけです。あとは今回の舞台挨拶用に Blu-ray で予習をしました。」
ちなみにくまいさんのことは実際には「くまちゃん」と呼ばれていました。

岩男さん「私は京まふで初めて大スクリーンで見ました。アフレコはもう 17 年も前になりますが、いつも立ち位置は桜さんの隣で収録をしていました。桜さんはさくらちゃんととても重なるので、自分も知世ちゃんと重なる気持ちで収録に臨んでいました。」
桜さん「劇場版のアフレコは二日かけて行いました。魔道士役の林原さんは別録りだったのですが、当時から大先輩で、(林原さんの演技を)イメージしながら収録しました。一緒に収録していたら迫力で足が本当にすくんでいたかもしれません。

松澤さん「映画の舞台である香港に行かれたことはありますか?」
岩男さん「行ったことはないのですが、小鳥が好きなのでバードストリートに行ってみたいです。」
桜さん「私も何です。ピークトラムに乗ってみたいです。ケーブルカーというと高尾山や箱根といった山の中のイメージがあるんですが、あ、近場ですいません、でも香港のピークトラムは街中を走っているので楽しそうで。山の上には李くんの家があるんですよね。そういえばこのころはまだ李くんと呼んでいる頃でした。」
松澤さん「この頃はまだ李くんとの関係は」
桜さん「まだ『三角』でしたよね。 NHK さん、よくやった、みたいな。」

松澤さん「当時も舞台挨拶があったんですよね。」
桜さん「久川さん、緒方さんも一緒に東京や名古屋で舞台挨拶をしました。」
松澤さん「当時と比べて心境の変化などはありますか?」
桜さん「今は舞い上がっているのでちょっと比べられないです。今はただありがたいという気持ちです。こうして上映ができて、皆さんに来てもらえて。」

桜さん「あと、『細かすぎて伝わらない劇場版カードキャプターさくらの好きなところ』コーナーいいですか?冒頭の自室のシーンで、ベッドの横にあるさくらちゃんのぬいぐるみがバトルコスチュームで、その姿を知っているのは知世ちゃんだけだからきっと知世ちゃんが作ってくれたのかな、って。」
岩男さん「今回の劇場版のコスチュームも防水にこだわって作っていますし。自分用のぬいぐるみもお揃いで作って持っているかもしれませんね。」

岩男さん「今回は海外のお話なので、やっぱり撮影しないわけにはいかないですよね。(知世ちゃんの声で)『中華なさくらちゃんも素敵ですわ!』」
桜さん「(さくらちゃんの声で)『ほえぇ~!』(歓声に対して)ボールを投げられたらキャッチしないと。」
松澤さん「本当に仲良しですよね。」
桜さん「知世ちゃんが大人なので、いつも見守ってくれているんです。」

松澤さん「ここで新作、クリアカード編のお話をしたいと思います。キャストとしてお二人が降臨されるということですが。」
桜さん「降臨?! (笑) 。なかよしでクリアカード編の連載が始まった時はびっくりして、本当に嬉しかったです。その後アニメ化も発表されましたが、続編などではキャストが全部入れ替わってしまうことも多いので、ここでぬか喜びしてはいけないとお祝いする側の立場でいました。キャスト続投の連絡をいただいたのは公式に発表されるまで一ヶ月を切ったくらいになってからで、最初の時点では全然わからなくてもう一度演じさせてもらえるなら嬉しいな、という気持ちでした。」
岩男さん「私もまた演じられるかどうかわからなかったので、演じられる場合と演じられない場合、ずっと両方の気持ちでいました。電話で連絡をもらったんですが、その時点ではまだ信じられなくて、誌面で見てようやく実感がわきました。」
桜さん「他のキャストもスタッフも同じで、本当に嬉しく思っています。」

松澤さん「クリアカード編は中学生ということで、スマホなども使うようになっていますね。」
桜さん「知世ちゃんもスマホで撮影するのかもしれませんね。」
岩男さん「コスチュームにも視点カメラを仕込んでタブレットで確認したりするかもしれませんね。当時は 8mm でしたが、デジタルになっているので編集も楽ですね。」
松澤さん「技術が進歩して知世ちゃんの見守り方もパワーアップしているんですね。」
岩男さん「私はカメラを持って追いかけているのも好きなんですけでね。」
桜さん「さくらちゃんは中学生になって身長は伸びたりしたけど、印象としては変わっていないです。収録はまだで、どう演じるかを考えたことはあるのですが、最初 3 回くらいは探り探りになるかな、と。ただ、あまり考えすぎないでパッと出た声がさくらちゃんになればそれでいいかなと思っています。」

松澤さん「クリアカード編はだいぶ小狼くんとの関係も進んだ後のお話になるのも楽しみです。」
桜さん「『これからはずっと一緒だよ』の後の話なので、最初から MAX な感じですね。くまちゃんは小狼くんそのままで、シャイな感じですぐに挙動不審になったりするんです。」

松澤さん「ここでビッグニュースの発表があります。」
着ぐるみのケロちゃんとスッピーが登場しました。ケロちゃんは他のイベントでも登場したことがありましたが、スッピーは初お披露目だったそうです。足元が見えないようで、スタッフさんに連れられてヨチヨチ歩きでの登場でした。(介護、と言われたりしていました。)
舞台に上がったケロちゃんは桜さんとハグ。その胸元に「おしらせ」と書かれた袋がかかっており、そこから桜さんがファイルを取り出し、 4/1 のイベント「さくらフェス 2017 ~カードキャプターさくらお誕生日会~」が発表されました!
発表の後、ファイルをケロちゃんの胸元の袋にうまく戻せなくて諦めたり、ちょいちょいケロちゃんに触ろうとしたりする桜さんがとても可愛かったです。

桜さん「ケロちゃんはポンデライオンみたいだと思っていたんですけど、ケルベロスは地獄の番犬なのでワンちゃんだったんですよね。ビックリしました。愛犬のすずちゃんが食いしん坊でケロちゃんそっくりなんです。」
ケロちゃん「なんでやねん(のツッコミのポーズに合わせて桜さんがアテレコ)」
ワンちゃんのくだりについてはさくらblog でイラスト入りで解説されています。

岩男さん「一時期体調を崩しておりみなさんにはご心配をおかけしましたが、今は知世ちゃんの声もしっかり出せるようになったので楽しみにしていて下さい。」
桜さん「劇場版ではバトルシーンからエンディングへの流れが好きで、何度見てもキュンとします。これからも応援よろしくお願いします。」
と、最後の挨拶があって 09:00 の回が終了しました。


続いての 11:30 の回は、上映前に舞台挨拶がありました。こちらも舞台挨拶の時間は 11:30 から 12:00 の 30 分でした。
先述の通り、 09:00 と内容が重複する部分は割愛したいと思います。

私の席は右側ブロックの 2 列目だったので、事実上の最前列でした。 09:00 の回に比べるとスクリーンはだいぶ見づらい席でしたが、舞台挨拶への出入り口が見やすい位置だったので、桜さんが入ってくるところから最後に出て行くまでずっと見ていられてよかったです。また、ケロちゃんやスッピーの足元がおぼつかない様子がよく見えたのも少し面白かったです。

松澤さんの挨拶から入り、桜さんと岩男さんが登壇されました。
桜さん「みなさん、おはようございまーす!」
09:00 の回とは違い、会場にマイクを向ける桜さん。
桜さん「元気がないぞー。おはようございまーす!」
まさかのやり直しでした。
岩男さん「おはようございまーす」
岩男さんも会場にマイクを向けられ、こちらもやり直しを要求されました。

桜さん「初めて見る人は?今回もちらほらいますが、ほとんどがプロのお客さんですね。」
岩男さん「今回は上映前なので、ネタバレにならないようにお話ししたいと思います。」
桜さん「劇場版は意外と怖いというかドキドキするシーンがあって、どこまで話していいのか……夢のシーンの話なんですが、井戸から人が出てくるところで、昨日予習している時にテレビからも出てきそうでドキドキしました。今日は一人じゃないから……」
松澤さん「絶対大丈夫ですか?」
桜さん「(さくらちゃんの声で)『絶対、大丈夫だよ!』」
岩男さん「見所は知世ちゃん目線だと可愛い衣装で戦うさくらちゃんです。海外のお話なのでチャイナ服も着ますし、知世ちゃんも一緒に着ちゃうシーンもあります。」
桜さん「細かすぎて伝わらない劇場版カードキャプターさくら好きなところですが、ぬいぐるみの他には、キーアイテムがあるんですが、髪につけたそれをバトルシーンで守るところをぜひ見て欲しい。あとはケロちゃんのアップのシーン。」

ちなみに、桜さんが話をしながら度々岩男さんの方を見るのがさくらちゃんと知世ちゃんの関係のようで、とても可愛かったです。

松澤さん「クリアカード編について。」
桜さんと岩男さんが「おめでとうございます、ありがとうございます」とお辞儀しあっているのがとても可愛かったです。
桜さん「最近はあざと可愛い役や中身がおじさんの役、留学生の役などが多かったんです。だから天使みたいなさくらちゃんを演じるには私自身がクリアにならないといけないな、清らかな環境に身を置かないと、と思っています。」
岩男さん「桜さんが変わらない大好きなさくらちゃんで言ってくれて嬉しいです。これだけの時間をおいて、当時と一緒のメンバーで出来るのは夢みたいで幸せです。 17 年も経っているとはとても思えません。」
松澤さん「そんなに長い間あっていない気はしないですよね。」
桜さん「ありがたいことに、再放送もなんどもしていただいていて、今も放送をしていただいています。」
松澤さん「桜さんと小狼くんのこれからが楽しみなところですよね。今はちょうど学芸会のあたりでしょうか。」
桜さん「会場の皆さんに聞いた方が間違いないと思います。この頃はまだ李くん呼びですが、見直してみるとこのあたりから守ってくれてたんですよね。もう付き合っちゃいなよって感じです。知世ちゃんはわかっていて包み込んでいてくれる、女神みたいな存在で。」
岩男さん「知世ちゃんは大人なので、演じていて教えてもらうようなところもあります。クリアカード編では知世ちゃんは撮影でドローンとかも使っちゃうかもしれないですね。」
松澤さん「コスチュームもパワーアップしそうですね。」

ここでビッグニュースということで、ケロちゃんとスッピーがよちよち登場。
桜さん「なんだこの可愛い生き物は。」
09:00 の回と同じく、今回も桜さんがニュースを読み上げてイベント開催を発表されました。
松澤さん「イベントではどんなことがしたいですか?」
桜さん「お祝いをして欲しいので、会場みんなでハッピーバースデーの歌を歌って欲しいです。」
岩男さん「ずっとカメラを回したいと思います。」
桜さん「ケロちゃん、スッピーにも来て欲しいです。
岩男さん「(カメラを構えるポーズで、桜さんがケロちゃんとスッピーに話しかけているのを見ながら)私としてはこの感じを撮りたいですね」
桜さん「ケロちゃん、予定空けておいてね。スッピーも事務所の方に連絡しておくね。エリオルくんに言っておけばいいかな。」
松澤さん「クロウさんに言っておくとか。」
桜さん「クロウさんなら確実ですね。ケロちゃんとスッピーに会うのは初めてなんです。ケロちゃんはこう見えて結構忙しくて、(原宿の)クリスマスパーティーとか。」
岩男さん「コミケとか。」
桜さん「(ケロちゃんに)薄い本売ってないよね?」
ケロちゃん「なんでやねん(のポーズ)」

そして最後の挨拶ですが、岩男さんは 09:00 の回とほぼ同じ内容でした。
桜さん「もう一つ印象に残ったシーンの話をしたいのですが、私はフライのカードが一番好きで、汎用性が高いのもあるんですが、魔法少女として空を飛ぶのに憧れがあったんです。さくらちゃんは飛ぶときに杖に羽が生えていて天使みたいだと思います。さくらはこうして作品になって絵がつくと、改めて感動します。細かいところまで見て楽しんでください。」



ということで、 2 回全 1 時間分のレポートでした。司会の松澤さんがちゃんとさくらを知っていることもあって、終始楽しい挨拶になっていました。
こうして当時と同じキャストで挨拶があり、そして続編があるというのは本当に嬉しいことですね。

リバイバル上映はまだ続いていますし、私もまだ前売り券が残っているので、桜さんが見て欲しいと言ったところなどを意識して改めて見に行きたいと思っています。

CC さくら舞台挨拶取れました!

1/21 に実施されるカードキャプターさくらリバイバル上映の舞台挨拶、 09:00 の回も 11:30 の回も両方無事に取れました!

最前列こそ取れませんでしたが、 2 回とも比較的前の方が取れたので良かったです。
来週の当日が楽しみです!

ちなみに、舞台挨拶には前売り券が使えなかったのでまだ手元に 2 枚残っている状態です。
舞台挨拶はチケットもあっという間に売り切れでしたし、もしかしたら追加もあるのではと期待しているのですが、もし追加されればもちろん嬉しいのですが、そうすると全部で何回見ることになるのでしょうか……。

「丹下桜トークショーin芝浦工大」レポート

随分と遅くなってしまいましたが、 11/5 に開催された「丹下桜トークショーin芝浦工大」のレポートです。
メモを元に書いていますが、開催から 2 ヶ月以上経ってしまったので若干不正確な部分があるかもしれませんがご了承ください。
わかりづらい部分はさくらblog の写真を見ながらだと雰囲気が伝わりやすいのではないかと思います。

桜さんが学園祭のトークショーに招かれるのは 2011 年以来 5 年ぶりでしたので、とても楽しみにしていました。
しかも今回は約 90 分という学園祭にしてはかなり長い時間で、大満足のイベントでした。
学園祭でのトークショーは通常のイベントとは違ってこなれていない部分がある代わりに、他のイベントでは見られないような企画などもあるので、ぜひこれからも出演されることを期待したいです。

会場は豊洲にある芝浦工業大学の大講義室でした。大講義室というだけあってかなり広く、残念ながら全席が埋まるというほどの人の入りではありませんでしたが半分以上は埋まっていました。縦長の講義室でしたので一番後ろはかなり遠く、そういう点ではあまり遠くない位置から桜さんが見られたのはよかったのではないでしょうか。
座席は整理番号順の指定席になっていました。私はチケット取りの時に一瞬で遅れてしまい 40 番くらいの整理番号で 2 列目右端の方の席だったのですが、開始直前に最前列中央のチケットを譲っていただくことができたため、桜さんを真正面で見ることができました!
普段のイベントでは最前列の時はメモは取らないのですが、今回は最前列でも桜さんから 5m 程度の距離があったのと、大学の講義室なので当然机が備え付けてあり、メモが取りやすい環境だったのでレポート用のメモが取れました。ただ、当然ですが手元よりも桜さんの顔を見ている時間の方が長いので、結構見辛いメモになってしまうのが難点です。

開演前のスクリーンには CC さくらをイメージさせるような画像が映し出されており、桜さんの入場の際の BGM も Catch You Catch Me の桜さん歌唱バージョンでした。
ちょうどカードキャプターさくらで育った世代だと思いますし、イベント全体としてもカードキャプターさくらメインの構成なのかと思ったのですが、蓋を開けて見るとサークルの学生が桜さんの大ファンであることがうかがえる構成でした。
トーク中に桜さんから話があったのですが、控え室の黒板にはさくらちゃんとネロのイラストが描かれていたそうで、特定の作品だけのファンということではなく、やはり桜さんご本人のファンなのだろうなあと感じました。ちなみに黒板の様子はさくらblog に写真がアップされていますが、黒板に描いているのにとても上手いですね。

桜さんが入場して簡単に挨拶をしたあと、すぐにコーナーが始まりました。
最初のコーナーは「芝浦祭抜き打ち試験! 〜単位を求めて〜」というクイズコーナーでした。学生が用意した問題に対して桜さんが答えて、単位を目指すというコーナーです。ちなみに桜さんは小学生の頃は算数と理科が得意科目だったそうなのですが、中学で数学になった時点でダメになったのだとか。芝浦工業大学という理系の大学でのトークショーでしたので、理系の問題が多いことを警戒されていたのかもしれません。
そして発表された 1 問目は「『クロエ・ルメールですよ』をフランス語で言うと?」でした。理系問題ではなくフランス語の問題、というか桜さんに関連した問題でした。回答の選択肢として用意されていたのは正解のフランス語の他はドイツ語、スペイン語、日本語(ローマ字)で、桜さんは残念ながらドイツ語を選んでしまい不正解でした。桜さんは一時期ドイツ語を勉強していると話されていましたが、残念ながらあまり身についてはいないようです……。
2 問目は「ネロが即位した年は」。選択肢は西暦 37 年、 54 年、 68 年、 334 年の 4 つ。桜さんは一旦は 334 年を選んだものの、「ローマのロ」と言うことで 68 年に変更。しかし正解は 54 年でした。ちなみに 37 年はネロが生まれた年、 68 年はネロ死んだ年でした。
3 問目は「キャンパス内の工事中の建造物は何か」と言う問題。かなり大きな建物が工事中だったのですが、その選択肢として用意されたのは立体駐車場、キャノン砲、大型実験施設、新設学部用の棟の 4 つ。桜さんは理系の大学だからと言うことで大型実験施設を選ばれましたが、正解は新設学部用の棟で、建築学部が新設されると言うことでした。工業大学ではありますが、今までは建築学部はなかったそうです。
4 問目は「コンドロイチン硫酸エステルナトリウムの構造式は」。構造式の図が 4 つ提示されましたが、桜さんは見事に正解!ここにきてようやく 1 問正解です。他の構造式はネオスチグミンメチル硫酸塩とラニナミビルオクタン酸エステル水和物、それと完全にネタの存在しない構造式でした。桜さんは正解をわかっていて選んだ訳ではなかったようですが、工業大学だけあって見にきている学生などはちゃんとわかっている人もある程度いるようでした。
そして最後の 5 問目は「カードキャプターさくらで、さくらちゃんのお父さんが大学で教えている科目は」。数学、法学、考古学、アニメ学の中から桜さんは見事正解の考古学を選択!流石にこれは間違えられない問題ということで、確実に正解してきました。
最終的に 5 問中 2 問正解で終了。桜さんは最後の 1 問の配点が大きいことを期待したのですが、残念ながら 20 点ずつの配点で合計 40 点。単位は 60 点からのため、スクリーンには大きく「 D 落単」の文字が表示されてしまいました。
ここで提示された救済策は教授(という名の会場のみんな)に単位のおねだりをするというもの。桜さんはネロの演技で、学園祭の数日前にあった FGO ニコ生配信の時のネタ(聖晶石やカニ)を入れたおねだりで会場から大拍手をもらい、最終的に「 S 」で単位をゲット。さらに大学の生協で売られているクッキーまでプレゼントされていました。

続いてのコーナーは「さくらの相談室」ということで、事前に募集した質問に答えるコーナーでした。
ちなみに質問者はラジアラなどでも名前をよく聞く方が多かったのですが、学園祭らしく学生の方からの質問も紹介されました。
最初の質問は「次の日に疲れを残さない方法」。桜さんは 7, 8 時間寝るのが理想ということで、寝ていないと声が出づらいということがあるそうです。今はすずちゃんが夜中に 3 回ほどご飯をおねだりするそうでなかなかまとまって寝られないようです。トイレに行くと桜さんが片付けるのに起きてくるのを覚えてしまったので、トイレに行ってさらにご飯を要求するという頭脳プレーを使ったりするそうです。で、質問への答えとしてはゆっくりとお風呂に入るといいのではないか、とのことでした。
次の質問は「工業大学のイメージは」。桜さんは半田ごてや溶接のイメージがあったそうなのですが、実際に大学に来てみるとデザインやアート系の雰囲気が強く、女子も思ったより多くて驚いたそうです。
続いては「寒くなると食べたくなるものは」という質問。桜さんの答えは鍋。去年からハマっているのはもつ鍋だそうです。
「中学生の時の思い出は」という質問には、部活のバドミントンは当時は辛かったけれどやっておいてよかったという回答がありました。運動系の部活が厳しい雰囲気の学校だったそうなのですが、あの時に運動部に入っていなけレバ一生運動をする機会がなかったかもしれないということでした。それ以外には友達と映画や買い物などに行ったのも大切な思い出のようです。
最後の質問は卒業生からの質問で、在学している時の研究中にラジアラを聞いていたという方でした。社会人もすでに 4 年目ということで、ラジアラがそれだけ続いていることを改めて実感しました。質問の内容は「いいタスク管理の方法」で、桜さんの答えは締め切りを作って追い込まれるといいかも、というものでした。女性の方がマルチタスクが得意というけれど桜さんは苦手なので、一つのことに集中してやる方がいいそうです。

相談室に続いて「あなたとワンシーン in 芝浦祭」のコーナー。
基本的にはラジアラの同名コーナーと同じものですが、各シーンは投稿ではなくサークルの学生が大学にあわせたシチュエーションのセリフと写真を用意していました。
最初は授業風景の写真を背景に、友達に勉強を教えて欲しいと頼る女の子のワンシーン。
続いては学食の写真を背景に、新メニュー 2 種を半分こしようと誘う女の子のワンシーンでした。ちなみに桜さんは、半分こではなく一口ちょうだいって言うかな、だそうです。また、学食のメニューでは日替わりメニューが好きだったそうです。
次はもう一度授業風景の写真を背景に居眠りを起こされた時のワンシーン。桜さんも中学生の時、後ろから 2 番目の席で 5 限目にうっかり居眠りしてしまい、起立するの時に後ろの席の男子に起こされて恥ずかしかったという思い出があるそうです。
それから、学祭の写真を背景に、友達が来られなくなったから一緒に回ろうと誘うワンシーン。クレープを食べるシーンがあり、芝工大の学祭にも出ているかどうかを桜さんが質問されていました。トークショーの後でちょっと見て回った感じでは、どうやらクレープの出店はなかったようで残念でした。桜さんは何度か学祭でイベントをされていますが、いつも裏から出入りしていたので、今回初めて学祭の雰囲気を味わえたそうです。
次はコスプレの写真を背景に、怪人さくらげたんを演じるワンシーン。可愛らしいコスプレではなく、大学を手中に収めて再履修ビームや留年爆弾を繰り出す悪役のコスプレのワンシーンでした。悪役を演じてどうかという学生からの質問には、小悪魔系は楽しいという返答をされていました。
続いて図書館の写真で、リンコを意識したかのような学年違いの小キック系彼女のワンシーンでした。桜さんは小学生の時に図書委員と放送委員で、それが今に繋がっているのではという話でした。
最後のワンシーンは屋上で 4 年生が卒業前日に告白するワンシーンでした。演じ終わった後に恥ずかしがる桜さんがとても可愛かったです。演じている間は平気でも、終わった瞬間恥ずかしくなるそうなので、公録など目の前で演じられる時にはそういうシーンがあった時には終わった瞬間に注目ですね。

次は「さくらの相談室 Part 2 」のコーナー。
最初は「すずちゃんの DJ デビューの予定は」という質問。すずちゃんはくぅちゃんと違って、落ち着きがなくて普段のテンションが DJ っぽいそうです。 DJ くぅは曲紹介で出てきたから、次の CD がリリースされたらあるかも?という回答でした。次の CD はベストアルバムになることが発表されていて新曲は 4 曲だけですので、デビューがあるかどうかはわからなくなってきましたね。
続いての質問は「学祭で模擬店を出すなら」。先ほどのワンシーンであったクレープが原価率も低そうで結構捌けそうでいいかも、という回答でした。
次は「アニメのアフレコでアドリブは入れる方ですか?印象に残ったアドリブは」という質問。最近の作品では、デュエマのクリーチャーのアドリブがすごいらしく、最初は名前を入れる感じだったのがどんどんエスカレートしているようです。桜さん自身のアドリブとしては、「賢者の弟子を名乗る賢者」のドラマ CD のメイドがパンツをめぐって争うシーンで、本来は桜さんのセリフはなかったのに思わずすっとマイクの前に立って「それはわしのパンツじゃ」と言ってしまったそうです。あのセリフはアドリブだったんですね。
続いて「忙しくて料理が面倒になったが、良い方法は」という質問には、しょうがないと思うという回答でした。お惣菜でもバランスを考えて選べばいいし、罪悪感があるようなら一人鍋が野菜もとれて楽でオススメだそうです。
最後の質問は「もしリケジョになっていたら研究したかったものは」。錬金術で可愛い女の子を……とカリオストロネタを交えつつ、渦巻きが好きなので宇宙に興味があるという回答でした。桜さんから宇宙についての話題が出るのは珍しい気がするので、少し意外でした。

続いて「絵本の朗読」コーナー。
なんと桜さんご自身の作品「うたのすきなことり」の朗読でした!絵本に付属の CD でも聞くことはできますが、私は生で聞くのは初めてだったのは嬉しかったです。絵本のコーナーがあること自体、 LIVE・SAKURA に参加しているということだと思いますし、さらに桜さんの絵本を選ぶあたり、サークルの学生もかなりの桜さんファンだと思われます。
桜さんは絵本は子供でもわかる簡単な言葉で大事なことを伝えられるのが好きで、自分でもかいてみようと思ったそうです。

本来のトークショーの内容はここまでの予定だったようなのですが、この時点で約 75 分、まだ時間があるということでメールコーナーの Part 3 へと突入しました。ちなみち Part 2 までは会場に来ている人のメールばかりが紹介されたのですが、この Part 3 で読まれた人は会場に来られていない人もいるようでした。
最初のメールは「会社の飲み会でお皿の用意をしたり、彼女がいなかったりしたため、オネエ疑惑をかけられてしまった」というもので、桜さんは鍋奉行などで仕切れば逆にかっこいいという意見でした。
続いて「海外出張など、行ったことがない場所での不安に対処する方法は」という質問。桜さんは、レギュラーの収録でなければ仕事はほぼいつも違う場所になるので、比較的慣れているご様子。海外なのであれば、仕事ではあるけれど気分転換になるのではというアドバイスがありました。
次は「 B と D がうまく伝わらないことがある」という相談。桜さんからの回答は D はデーと読む人もいるし、ダ行を強調してドゥイーという言い方をしてみるというのはどうかという提案でした。
最後は「絵本をまた出す予定はありあすか」というという、とてもタイムリーな質問でした!なんと、人魚姫をモチーフにしたものなど、話はすでに 3 本ストックがあるそうで、条件が合えば出せるということです。前回絵本を出した時は、 CD を作るよりも大変だったそうで、流通など色々と文化が違うところがあるようです。 CD のブックレットを絵本にする形でなら出しやすいので、それでもいいのではないかという考えもあるようです。「桜さんのファン」としてはその形でも新しいものが出るなら大歓迎ですが、小さい子供にも読んでもらいたいということであれば、やはり普通の絵本の形がいいと思いますし、なかなか難しいところですね。


ということで、約 90 分を歌などがないみっちりトークだけのイベントでした。
学生による進行に慣れない部分などは見られましたが、それも些細なところで、大満足のイベントでした。これからもぜひ学園祭に桜さんを招待してくれる大学があることを期待したいです!

コミケ C91 行ってきました!

コミケ C91 に行ってきました。
今回ももちろん丹下桜さんが目当てでしたので、昨日まとめた情報を元に一通り回ってきました。

まず、ワーナーでは無事にカードキャプターさくらのリバイバル上映前売券を入手できました。
桜さんのコメント付き台紙付きだったのですが、さくらblog にも書かれている通りだいぶゆる〜いコメントでした。

あとは無料配布されていたシンデレライレブンのドラマ CD と、ちゃんおぷで頒布されていたドラマ CD も無事に確保。これらは正月休みにでもゆっくり聴こうと思います。
ちなみにちゃんおぷでのサイン色紙プレゼントはあたりませんでした。残念。

最後にガルフレブースにも行って見たのですが、 AR マーカーにもなるおみくじは列形成がちょうど中断されているタイミングでしたので、見送りました。
マーカー画像は web の画像で十分ですし、無理して並ぶほどでもないかな、と。


というわけで、今回の私のコミケは早々に終了しました。
お目当てのものは比較的余裕を持って手に入れられたので、よかったです。

FGO EXTELLA 発売記念ニコ生感想

遅ればせながら、丹下桜さんがゲスト出演されたニコ生「 Fate/Grand Order カルデア放送局SP“EXTELLA”発売記念特番」を見ました!

FGO のニコ生ではありましたが、 Fate/EXTELLA 発売記念の番組ということでメインの話題は Fate/EXTELLA でした。
ネロがメインキャラクターとなるゲームですので桜さんが話している時間も長く、 90 分の番組中ずっと桜さんを堪能することができました。
生でネロを演じる声を聞くこともできましたし、初お披露目となるゲームシーンでのネロのセリフなどもあり、ますますゲーム発売が楽しみになりました。
収録されたテキストの量もかなり多いということですので、アクションゲームながら桜さんのお声をたくさん聞けそうで嬉しいですね。

桜さんは最後にダーツで見事に真ん中に的中させ、 FGO 向けのプレゼントでも一番いい賞品を当ててくれたりと大活躍でした。

FGO のアニメ可も発表されたのですが、こちらはキャストを見る限り序章もしくは FGO ゲーム開始前のお話になるようで、ネロの出番は残念ながらなさそうです。
ローマ編ではネロの出番が多いですので、アニメが好評を博して続編が作られることを期待したいですね。


出演者全員で撮った写真も公開されていますが、なかなか珍しいメンバーのような気がしますが、今後も Fate 関連のイベントなどでまたこういうメンバーが並ぶところが見られるといいなあと思います。