「さくらフェス2017 ~カードキャプターさくらお誕生日会~」参加してきました!

昨日開催された「さくらフェス2017 ~カードキャプターさくらお誕生日会~」に参加してきました!

会場であるルネこだいら大ホールが 1200 名規模のキャパで、 CC さくらの人気に対して少し小さすぎるのではないかとは思いましたが、私は幸い昼夜両方に参加することができました。
2 回とも 2 階席でかなり後ろの方でしたのでレポートを書くつもりでメモを用意していたのですが、客席が早々に暗転してしまってメモを取るのが難しかったので、レポートは諦めて簡単な感想にとどめたいと思います。

レポートはナタリーアニメイトタイムズなどに写真付きで掲載されているので、そちらを確認するとイベントの雰囲気が感じられると思います。
もちろんさくらblog には桜さんご本人のイベント当日の感想と、今日公開されたさらに長文の感想がありますし、カードキャプターさくら公式ツイッターアカウントや緒方さんのツイートでも写真が見られますので、そちらも要チェックです。


今回はカードキャプターさくらのイベントなので、普段の桜さんのイベントとは違って若い女性や家族連れが多かったのが印象的でした。さくらグッズを色々持っていたり、さくらちゃんっぽい服を着ていたりと、みんなさくらちゃんを見て育ったんだろうなあと感じました。
当時から大きなお友達だった私としては少し肩身がせまい会場でした。

イベント時間は約 1 時間半だったのですが、昼夜ともに開始が 15 分ほど押した上にイベント自体も 5 分ほど押した感じでした。特に夜の部は終演が 20:00 予定のところ結局 20:30 近かったので、小平という場所を考えると遠方の人は帰宅が大変だったのではないでしょうか。実際、終演まで残れずに途中退席される方が結構いました。

イベントはケロちゃんの前説から始まり、幕が開いて全員の挨拶の後は CC さくらの年表に合わせての思い出トークコーナー。次いで生アフレココーナー、生歌コーナー。そしてさくらちゃんお誕生日おめでとうコーナー、告知という流れでした。
ちなみに司会はリバイバル上映の舞台挨拶でも司会を担当された松澤さんでした。

前説はケロちゃんの後、さくらちゃんが「緊張して……」という話をしたのですが、夜の部の方は少し緊張が取れた感じの話し方になっていて、桜さんの演じ分けが見事だなあと思いながら聞いていました。

トークコーナーでは、当時の思い出や裏話など色々と楽しい話が聞けました。内容としては半分くらいは当日販売されたパンフレットのインタビューでも触れられているものですが、トーク中の掛け合いなどから感じられるキャストの距離感など、イベントならではの雰囲気がとてもよかったです。個人的には緒方さんが桜さんのことを「丹下」と呼ぶそのトーンがとてもいいなあと思いました。
トークの途中で当時の振り返りとしてアニメ版の VTR が何本か流れたのですが、この VTR は昼と夜で違うもので、それぞれ面白い話が聞けました。

続いての生アフレココーナーは、テレビアニメ版のシーンをいくつかピックアップして、アニメに合わせて生アフレコを行うコーナーでした。
ピックアップされたシーンは昼夜同じものだったのですが、久川さんがアドリブを入れたために、そのアドリブ以降ほとんど原型をとどめないくらいアドリブづくしになっていてとても面白かったです。昼の方はまだ途中から元の流れに近い感じに戻っていましたが、夜の方は完全に振り切って完全に違う展開になっていました。
あれだけ無茶なアドリブだったにも関わらず、それでいてみんなちゃんと自分のキャラクターとして演じられているのがすごいなあと思いました。 17 年経ってもそれぞれのキャラクターが生き続けているということだと思いますので、クリアカード編も絶対、大丈夫だよと確信しました。

生歌のコーナーは桜さんによる「プラチナ」と岩男さんによる「夜の歌」。
歌うのが桜さんと岩男さんというのは順当なところですが、緒方さん、久川さん、くまいさんもそれぞれ歌える歌はあるので、できれば聞きたかったです。
「プラチナ」はもちろんレリーズバージョン。 LIVE・SAKURA で歌う時よりさくらちゃん寄りの歌い方で、聞き慣れたプラチナながら少し新鮮でした。
岩男さんは歌う前のコメントが、さくらちゃんへの思いを感じさせてとても知世ちゃんでした。

歌が終わった後は、ケロちゃんとスッピーの着ぐるみが登場し、さくらちゃんのお誕生日をお祝いするコーナーでした。ロウソクが刺さったケーキが登場し、会場みんなでハッピーバースデーの歌を歌ってお祝いしました。桜さんがさくらちゃんの代わりにロウソクを吹き消したのですが、それに合わせて客席のペンライトも一斉に消したのが楽しかったです。自分の席からはあまり雰囲気がわからなかったのですが、綺麗に消えた様子がステージから見えていればいいなあと思います。
公式の写真でケーキの様子が確認できますが、緒方さんがユエの声で「ケルベロス、お前は火炙りだ」と言っていたのが可笑しかったです。
桜さんが舞台挨拶でイベント開催が発表された時にぜひやりたいと言っていたことが実現したコーナーでした。

その後はクリアカード編の話から原作 3 巻の DVD の話、そして PV 公開で盛り上がりました。生アフレコと合わせて今後の展開への期待がますます膨らみました。
それ以外にはグッズの告知などがあったのですが、星の杖の紹介で杖から出るはずのさくらちゃんの声がうまく再生されず、桜さんが生で「ホープ、ホープ」と言っていたのがとても可愛かったです。

ちなみに、配信されたのは誕生日コーナーと告知コーナーだけだったようです。無料での配信だったので仕方がないとは思いますが、やはり全体を見たかったのではないでしょうか。
イベントの様子は収録していたようですので、ひょっとするとなんらかの形で映像として見られるかもしれませんね。単独の商品としてでもいいですし、クリアカード編の Blu-ray の特典映像でもいいですので、なんとか手に入る形になることを期待したいところです。

告知の後はキャストが順に挨拶してイベント終了でした。
それぞれ CC さくらへの思いなどを話して締めたのですが、夜の部で桜さんが出演キャストの演じるキャラクターへの想いを一人一人語ってくれたのが特に良かったです。くまいさん演じる小狼くんについては、クリアカード編の展開も見据えてのコメントで、桜さんとくまいさんがどちらも本気で照れている様子がとても可愛かったです。桜さんとくまいさんはアフレココーナーの、小狼くんがさくらちゃんに告白した翌日のシーンでもとても照れていて、リアルさくらちゃんと小狼くんだなあと感じました。
さくらblog からもそんな雰囲気が感じられます。

挨拶の後、緞帳が降りてイベント終了となったわけですが、夜の部は拍手が鳴り止まずキャストが再登壇して挨拶をしてくれました。キャストが全員手を繋いで客席に頭をさげる姿が印象的でした。
こういうイベントでのカーテンコールは珍しいと思うので、とても貴重な経験でした。


イベント全体を通してカードキャプターさくらの世界や雰囲気を感じられるものになっていて、一日ずっと楽しかったと同時に、クリアカード編への期待が高まる、とてもいいイベントでした。
簡単な感想と言いつつ、結局長文になってしまったのもやむなしということにしておきたいと思います。

【5/17 追記】
ガルスタオンラインにレポートが掲載されました。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)