丹下桜の Radio・A・La・Mode #381

丹下桜の Radio・A・La・Mode #381 感想。

今週の妻ドラマは正月明けに体重が増えていたお話。
「付き合いはじめた頃は」と回想シーンに入ったのですが、妻ドラマで回想シーンがあったのは初めてのような気がします。

そして、ようやく時空の歪みが追いついたらしい今週はお便りスペシャルでした。

オープニングメールではコミケで CC さくらの前売りの話が紹介されました。
この放送の前日がリバイバル上映の舞台挨拶だったのですが、こちらの話はまた来週とのこと。ただ、来週も時間が足りるかどうか少し不安なところです。

続いては LIVE・SAKURA の感想が色々と紹介されました。
当日の MC でも話があった、ステージ衣装を忘れて取りに帰った話の舞台裏も改めて紹介されました。ライブの衣装はハンガーにかけたまま持ち運びができる衣装ケースに入れて移動するそうなのですが、それでもケースに長時間入れてしまうとシワなどになってしまうため、直前まではケースに入れずに並べておいたところ、見事に入れ忘れてケースだけを持っていってしまったという、ある意味さくらさんらしいうっかりだったようです。
道も混んでいたので普通の服で歌うことも考えたけど、やはりクリスマスなのでということで往復 2 時間かけて取りに戻ったそうです。結局会場に戻れたのは開場した後の、開演 20 分くらい前というギリギリのタイミングだったようです。無事に間に合ってよかったです。
他にも職場のボスが来ていた人の話や、ライブ後に原宿のカードキャプターさくらクリスマスパーティーに行った人の話なども紹介されましたが、何より印象的だったのは桜さんを天使というメールが複数あったことでしょうか。喜びつつも天使はそんなこと言わないと自制する桜さんがとても可愛かったです。

と、ライブの感想メールを紹介したとことろでタイムアップ。お正月メールまで紹介する予定だったそうですが、ライブのメールだけで終わってしまいました。
来週もまだ 1 月中ということで、来週改めてお正月メールが紹介されるそうです。舞台挨拶のメールも届くことを考えると、来週もお便りスペシャルになりそうですね。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)