ちゃんおぷドラマ CD C91 感想

シンデレライレブンに続いてちゃんおぷドラマ CD C91 の感想を。

丹下桜さんが演じるのは Pacemaker の応援キャラクター高良かよちゃん。今回は大学生になって登場です!桜さんの演技も少し大人っぽく感じます。
かよちゃんは情報系の学生っぽく、みんなでそれっぽい会話をしているのですが、キャストの皆さんはほとんど内容を理解できてないんだろうなぁと思いながら聞いていました。 CD を聞いてる人は 1/10 くらいしか理解してないかもと言っていましたが、客層的にもうちょっと多いような気がします。
ちなみにこちらは出演者が 4 人だけですし、シンデレライレブンと比べると桜さんのセリフがだいぶ多くて嬉しいですね。

お話はちゃんおぷらしい驚きの構成、展開でした。
そして、アフタートークが一番長いトラックでした。なんと 11 分もあります。一応フリートークとはいえ IT っぽい話が中心なのはちゃんおぷならではでしょうか。

かよちゃんのドラマ CD は久しぶりでしたが、なかなか他では桜さんが演じられることのないキャラクターで楽しいですね。是非是非これからも続けて出してほしいものです。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)