「まき、なつみ、ゆなの眠れないラジオ」第 16 回感想

本日発売された「男の娘の魅力に覚醒して眠れない CD 」が無事に公式通販で届きました!
が、とりあえず今日は昨日公開された「まき、なつみ、ゆなの眠れないラジオ」の第 16 回を先に聞きましたので感想を。

丹下桜さんがゲストとして出演されましたが、先日のアニソン・アカデミーほど緊張した感じはありませんでした。むしろパーソナリティの 3 人の方が緊張気味でしたが、新人声優からすると桜さんは大先輩になるわけですから当然といえば当然かもしれません。
ラジアラやアニアカと聞き比べると色々と違いが感じられて楽しいですね。

冒頭は、桜さんが CD で演じられたゆっきーの話でした。
CD を聞いていなくてもわかる話ではありましたが、 CD を聞いてからあらためてラジオを聞けば具体的な桜さんの演技が浮かんでさらに楽しく聞けそうな気がします。ラジオの公開期限はないようですし、 CD の後でもう一度聞いてみようと思います。

コーナーは「リピートアフタミー」と「演じ分け対決」の 2 つで、どちらもゲストとして来た先輩声優にパーソナリティ 3 人が教えを請うような、なかなか特徴的なコーナーになっていました。
追加の有料ラジオも「補習授業」という名前ですしもともとそういうコンセプトなのだと思いますが、若い 3 人にとってはこのラジオはいい経験になっているのではないでしょうか。

「リピートアフタミー」のコーナーは、選んだセリフを先生が実演した後に 3 人が続けて言うという、まるで学校の授業のようなコーナーでした。 3 人のリピートよりも、桜さんのお手本に 3 人がメロメロになっていたことの方が印象的でした。
「演じ分け対決」のコーナーでは「先輩、僕、男ですよ」というセリフを 2 パターン演じ分けるというお題でした。まず最初に桜さんがお題を読んだのですが、お手本にならないようにと棒読みしたのが宇宙人ぽくて、これはこれで可愛かったです。ちなみに CD に収録されているセリフなので、桜さんのお手本は CD でということのようです。


40 分以上あるラジオですが、 4 人で話しているのであっという間ですね。
パーソナリティ 3 人+ゲストの桜さん、しかも桜さんの立場が大先輩という組み合わせはあまり無かったので、そういう視点で聞いてもなかなか楽しい内容でした。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)