アニソン・アカデミー聞きました!

先週の土曜日に NHK-FM で放送されたアニソン・アカデミーを聞きました!
生放送ではあったのですが、時間があわなかったので録音での視聴です。

桜さんは 1 年ちょっと前にゲスト講師として出演されたことがありますが、今回はパーソナリティの中川翔子さんがお休みなので、その代理としての出演でした、そのため最初から最後までずっと出ているだけでなく、メールの紹介やゲストへの質問など桜さんのお声を聞くことができる時間が長かったのも良かったです。
立場上はゲストではないとは言え、出演としては 2 回目ということもあって、桜さんは緊張気味というか少し余所行きな感じの話し方が印象的でした。普段聞いているラジアラとの違いが興味深かったです。

番組構成としては、最初はパーソナリティ 2 人でメールを交えて話しをしつつ曲を流し、途中からゲストを呼んでゲストに関連した曲を紹介、最後にまた 2 人でリクエストメールなどを紹介しつつ締めという流れでした。
前半のトークでは、桜さんについての話が中心でした。ペットの話から始まったのですずちゃんの話題が出たのですが、最初にすずちゃんの話ができたのは桜さんの緊張をほぐす意味でもよかったのかなあと思いながら聞いていました。
桜さんご本人についての話では声優を目指したきっかけやデビュー当時の話などが中心で、その流れで桜さんの思い入れがあるアニソンも紹介されました。


続いてゲストを招いてのトークだったのですが、今回のゲストは作詞家の岩里さんでした。 30 年以上のキャリアを持つ作詞家の方で、桜さんとの接点で一番近いところでは「プラチナ」の作詞でしょうか。
もちろんそのプラチナについての話題もあり、歌詞の中の「みつけたいなあ かなえたいなあ」の部分は苦しんで生まれたフレーズだという話などが聞けました。桜さんからもこの曲をカバーした時の裏話として、木之本桜としてのカバーは OP のプラチナではなく ED の方だったので自分のアルバムでカバーしたことや、「みつけたいなあ かなえたいなあ」の部分はさくらちゃんを意識して歌うと原曲のように伸ばして歌うのが難しかったので跳ねるように歌ったことなどが聞けて興味深かったです。
そして、桜さんが岩里さんのお話を作詞家としての視点で聞いたり質問されたりしている様子が聞けたのもよかったです。桜さんは最近はキャラソンの方が歌詞が書きやすいという話や、自分の曲が作詞待ちになっていることなどの話もあったのですが、ひょっとして今年 CD が出なかったのは作詞が追い付かなかったという理由もあったりするのでしょうか。いっそ「丹下桜」というキャラクターに作詞をするつもりで書いた詞も聞いてみたいなあと思ったりしたのですが、いずれにせよ新しい曲の制作はされているようですし、気長に待ちたいと思います。

紹介されたアニソンはカードキャプターさくらの曲を含め知っている曲が多かったのですが、それ以上にトークが楽しかった 2 時間でした。


ラジオ当日の様子はさくらblog で写真や裏話が紹介されている他、桜さんご本人がアニソン・アカデミーの公式ツイッターを借りてコメントされていたり、番組の放送作家さんのマネージメント会社である株式会社チーズの公式ツイッターでも写真が紹介されていたりします。
ラジオは音だけなので、こうして絵としても見られるのは嬉しいですね。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)