丹下桜の Radio・A・La・Mode #346

今週の「丹下桜のRADIO・A・La・Mode 」感想。

妻ドラマは借りてきたドラマを旦那と一緒に見たがる妻のお話でした。
が、それよりも「それともタワシ」が既に定番のネタとして扱われていることが印象的でした。

メールでは鬱金桜の話がありました。美人桜とも呼ばれ、幸せを呼ぶ桜と言われているそうです。
先週決まったキャッチフレーズですが、桜さんは「幸せを呼ぶ桜、美人桜です」でもいいんじゃないかと言っていましたが、肝心なところで噛んでしまっていました。あまり綺麗すぎるフレーズではないほうがいいのかもしれませんね……。
キャッチフレーズはさっそく番宣でも使われていましたので、しばらくは使われるのでしょうか。

それ以外にはラジオの仕事をしてみたいという方のメールが「桜おねえさんの人生相談室」宛に届いていました。懐しいコーナーですが、今回はコーナーの時とは違ってちゃんとしたアドバイスでした。
スタッフのお兄さんはやめておいた方がという第一声ではありましたが、他にも色々見つつ見聞を広めて、それでもやってみたいと思えばチャレンジすればいいということでした。でもこれ、割とどの業界でも、普通に就職活動する場合でも同じですよね。若い時は視野が狭くなりがちですので、色々見て、そしてあらためてやりたいことに向っていくのがいいと私も思います。

今週のコーナーは「さくランキング」。
「男の娘の魅力」ランキングが紹介された後、男の娘話で盛り上がってしまったため、今週紹介されたのはこの 1 通だけでした。
桜さんが再始動した時にはツンデレが流行っていて、まさか自分が演じるとは夢にも思ってなかったそうなのです。そして、今回は男の娘を演じられたわけですが、男の娘の場合は必然的に BL 設定になるということで、自分が BL をやるとも思ってなかったそうです。確かに言われてみると BL ですよね。その視点はありませんでした……。
その男の娘 CD は来週にはもう発売されるので、 BL ……かどうかはともかく、聞けるのが楽しみです。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)