丹下桜の Radio・A・La・Mode #283

今週の「丹下桜のRADIO・A・La・Mode 」感想です。

オープニングトークでは、今週は「奴等」こと花粉がたくさん飛んでいて、桜さんにとっては気合が必要なシーズンだというお話がありました。
来週はもう BAND・SAKURA 当日ですが、今週がピークだと信じて来週は少し収まることを期待したいですね。天気予報ではあいにくの天気になりそうな感じですが、花粉という点では雨が降った方がいいのかもしれません。

BAND・SAKURA で先行販売される、ラジアラのスクールカレンダーの話もありました。
複数買うという投稿が紹介されましたが、私は会社用だけを購入する予定です。
ロケは北欧のアンティークっぽい雰囲気の都内のハウススタジオで行われたそうで、桜さんは表紙のツーショット写真がお気に入りだとか。

それ意外には卒業シーズンということで、卒業に関するメールや、就活に関するメールなど、桜さんいわく「ラジアラにしては骨太」なメールが色々と紹介されました。
私自身はそういう区切りからはすっかり遠ざかってしまいましたが、色々と考えさせられました。

今週はふつおた紹介だけで、後半のコーナーはありませんでした。
あまり長いメールがなかったので、聞いていてそんなにふつおたコーナーが長いとは感じていなかったので、究極の選択ジングルからエンディング BGM に繋がって、ちょっとびっくりしてしまいました。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)