「 Fate EXTRA 月海原学園放送部 DJCD 」感想

先月発売されていた「 Fate EXTRA 月海原学園放送部 DJCD 」、発売日に買っていたのですがようやく聞きました!

CD 2 枚組で、 1 枚は過去の配信を mp3 データで収録、もう 1 枚が CD-DA で新録分を収録となっています。
過去分はビットレートが配信時とあまり変わらないのですが、ずっと手元に置いておけるのがいいですね。ちなみにバックナンバーは 3/1 までしか聞けないようですので、写真などをもう一度確認しておきたいという人は忘れずにチェックしておきましょう。

ということで、新録分の感想を。
ゲストは予告通りキャス狐役の斎藤千和さん。
オープニングドラマからキャス狐の出番が長くて、それ自体は嬉しいのですが、桜さんファンとしてはセイバーのセリフが少ないのは少し寂しい感じです。

続いて斎藤さん演じるキャス狐についての話。
ゲームでは使うのが難しいと言われるそうなのですが、私が実際に使った感じはそれほどでもなかった気がします。確かにクセはありますが、 2 周目以降であればそんなに大変ではありませんでした。
能力だけでなくキャラクター性もクセが強いので、是非とも 2 周目には選んでプレイすべきだと思います。というか、プレイしておかないとキャス狐が出てくる各種コンテンツが楽しみづらいという気がします。今後も赤セイバーと絡んでくれることを期待したいですし、キャス狐にも頑張って欲しいです。

コーナーは DJCD ということでなんと 3 つもありました。

一つ目は久しぶりの「私の真名は何でしょう」。
投稿された方の真名は見事に桜さんが正解されていましたが、みんなで付けた新しい真名の方は相変わらず運勢がイマイチでした。
ちなみに斎藤千和さんのお名前は桜さんと同じく本名だそうです。桜さんも千和さんも、おばあちゃんになった時でも可愛くていいよね、という話もされていました。業界的に芸名で活動される方も多いですし、「名前」についてはみなさん色々と思うところはあるのかもしれませんね。

「お聞きください、皇帝陛下」のコーナーでは、皇帝陛下だけでなくキャス狐のお言葉ももらっていました。
斎藤さんのお悩みは、キャス狐のテキストは文量が多いことだそうで。早口というか、テンポよく話しているのであまり気にしていませんでしたが、確かに長いセリフが多いですね。そこがまたキャス狐っぽい部分でもあるので、個人的にはあんまり短くならないで欲しいなあと思いました。

最後は「ムーンでオートかもしれない」のコーナー。
簡単に言うと大喜利コーナーなわけですが、やはり大変なようですね。最近の声優さんは演技だけじゃなくて、歌にトークにとマルチな才能が求められて、本当に大変そうです。
ちなみにお題は「デートにキャス狐が大遅刻、その理由とは」というもので、中の人である斎藤さんが見事な解答をされていました。


通常の配信よりも長い内容とは言え、あっという間に終わってしまいました。これでこのラジオも終了だと思うと寂しいですね。
まずはドラマ CD の第 4 章を楽しみにしつつ、今後の Fate/EXTRA シリーズの展開に期待したいと思います。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)