月海原学園放送部 第 18 回感想

「 Fate/EXTRA 月海原学園放送部 」の最終回を聞きました!

今回は最終回かつ初回以来のゲストなしということで、冒頭のドラマもそれを意識したものになっていました。
全 18 回だったので 1 年半ということになるのですが、あっという間の 1 年半で、まだまだ聞き足りない感じです。
心残りは公録ができなかったということなのですが、いつかはやってみたい、アニメ化の暁には、という話だったので期待したいと思います。
パーソナリティのお二人には当然決定権は無いわけですが、事あるごとにアニメ化の希望を口にされているので、全く見込みがないというわけでもないのだろうなあという希望的観測を持っています。ただ、既に具体的な動きがある場合は逆に口にできなくなると思うので、実現するとしても相当先になるんだろうなあとも思っています。

最終回の今回は、いつものコーナー「ムーンでオートかもしれない」の他に、「あの日の放送部」というクイズ形式で番組を振り返るコーナーもありました。
最初の一問こそ正解されたものの、それ以降はマニアックな問題ばかりで、お二人ともなかなか正解されませんでした。私も聞きながら挑戦しましたが、当然のように全問不正解でした……。

そして、今回はエンディングにもドラマがあり、月海原学園放送部というコンテンツをうまくまとめた形のエンディングになっていました。
寂しいことは寂しいのですが、この終わり方には満足です。

とは言え、いつか復活してくれることは期待しつつ、これからも Fate/EXTRA シリーズを応援していこうと思います!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)