彼女がフラグをおられたらじお 第 1 回感想

先週放送が始まった「彼女がフラグをおられたらじお」の第 1 回を聞きました!
今週日曜深夜からアニメ放送が始まった「彼女がフラグをおられたら」のラジオですが、私はまだアニメの方は見られていません。
ラジオの方は丹下桜さんと木戸衣吹さんが毎週パーソナリティを務めるということで、桜さんファンとしてはもしかするとアニメよりもラジオの方がメインと言っていいかもしれませんね。

初回ということで挨拶から。
ラジオでは見えないけれど、桜さんの「がをがを」のポーズがとても可愛いとのこと。
配信ページの写真のポーズでしょうか。写真ではわかりませんが、がをがをにあわせて指を動かすのかもしれませんね。生で見てみたいものです。
木戸さんは桜さんに比べるとかなりお若いのですが、しっかりした感じの方で二人で話しているのを聞いてもあまり違和感がありません。
ただ、やはり緊張はしているということですが、ラジオが続いていくうちにもう少しこなれてくるかもしれませんね。

今週は初回なので、まずはお二人が演じるキャラクターの紹介からでした。
桜さん演じる大名侍鳴はクーデレキャラということで、木戸さんからは「桜さんはツンデレなんですか?」という質問が。桜さんからすかさず作家さんに何言わせてるんですか、という突っ込みが。いつもの作家さんなんでしょうか。
続いて、お互い自己紹介インタビューということで、それぞれ相手に質問をするコーナーでした。なんというか、木戸さんが完全に後輩として大先輩に質問をするような内容で、あらためて桜さんの今の立場を感じたりしました。

通常のコーナーは、お便り募集しているもののうち 2 つだけでした。
まずは「ここは、私たちがしゃべるから、みんなはふつおたを送ってくれ」コーナー、所謂ふつおたコーナー。
原作者の竹井先生からもメールが届いていました。なんと収録現場にいらっしゃったようですが、残念ながらラジオに出演はされませんでした。原作の方の最新刊にはドラマ CD 付き 限定版があるそうなのですが、アニメより先に収録があったようです。トークを聞いた感じでは、残念ながら桜さんは出演されていないようですね。

もう一つのコーナーは「このメールを送ったら、フラグが立っているか、教えてもらうんだ」コーナー。
フラグが立ったと思った出来事をメールすると桜さんが実際にフラグが立ったかどうかを判定してくれるということでんす。桜さんに読んでもらえることが期待できるコーナーなので、どんどんメールを出していきたいですね。
ちなみに今回は恋愛系のフラグが多目でした。恋愛から少し離れた方が採用されやすいのかも?

そして最後に告知コーナーがありましたが、新規情報は特にありませんでした。

ネット配信ですが毎週更新があるラジオですので、どんどん聞いてどんどんメールしていかないとあっという間に置いていかれそうです。アニメとあわせて楽しんでいきたいと思います!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)