『 Fate/EXTRA 月海原学園放送部』第 7 回後編感想

今回からあらためてひびちからじお内に九州された『 Fate/EXTRA 月海原学園放送部』の第 7 回後編を聞きましたので感想を。

放送時間はひびちからじお全体で約 60 分、そのうち放送部は 22 分くらいから約 16 分程度のコーナーとなっています。
パーソナリティは丹下桜さんと阿部敦さんで、ゲストが前回に引き続いて羽多野さんでした。

後編は「お聞き下さい!皇帝陛下」コーナーと告知だけで、告知が多めの分、時間の割に短く感じました。

「お聞き下さい!皇帝陛下」のコーナーは、皇帝陛下である赤セイバー演じる桜さんがなんとなくアドバイスするというものです。
相談自体はちょっとしたもので、アドバイスも割とどうでもいい感じの、ありがちといえばありがちのコーナーなのですが、なんといっても最後をまとめるのが桜さん演じる赤セイバーというのがちょっとしたスパイスになっていていいと思います。
実際、今回もお金での解決を提案したり、「余が呼ぶ前に来い!」という皇帝っぽさを前面に出したアドバイスで楽しめました。その都度、赤セイバーを演じる桜さんを聞けるのもいいですね。

次回は 2/17 のひびちからじお内にて第 8 回の前編が予定されています。
ゲストがルナティックステーションで全曲作詞を担当された門脇さんということなので、私もさっそくメールを送ってみました。
放送部ではまだメールを読まれていないので、なんとか読まれて欲しいものです。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)