丹下桜の Radio・A・La・Mode #391

丹下桜の Radio・A・La・Mode #391 感想。

今週の妻ドラマは、迷い込んできた飼い猫を保護した妻のお話。
猫にメロメロな妻がとても可愛いです。そして、桜さんのお声で「すまにゃい」と言われてしまっては、何もしていなくても許してしまいます。

そして、 4 月最初の放送ということで改編も無事乗り越えられたと思ったのですが、実際は来週からが新編成のようですね。
まあ今回は何の心配もないと思いますが、将来のことを考えると応援の意味を込めて毎週のメール投稿は続けていきたいと思います。

オープニングメールではアルバム「君だけが使える魔法」の感想が紹介されました。
2 枚目最後の「 my little love 」と「 Stand by Me 」の曲順は、桜さんがご自分で選んだ曲順だということですが、桜さんご自身はまだ平常心で聞けないそうです。私も何度聞いても心に染み入る選曲だと思っていましたが、確かに特に「 my little love 」については桜さんにとってはまだ重い曲なのかもしれませんね。いつか心穏かに聞ける日が、笑顔でライブで歌ってくれる日が来て欲しいと重います。
ブックレットの写真についても触れられていましたが、正しく「妖艶」と書かれていたそうで、ラジアラでは初めて見たとの桜さんのコメントがありました。確かに「幼艶」と書かれがちですが、でも桜さんご本人は決して幼なくはありませんよね。個人的には妖艶と言うよりはもう少し清楚かなとも思いますが、いずれにせよ魅力あふれる写真だったのは間違いありません。

ここで桜さんからクイズが。ブックレットではエプロンを付けて料理をしている写真が何枚かありましたが、料理してるのは何でしょう、という問題でした。
私は見直してみても断言できるほどの答が思い付かなかったのですが、頭に浮かんだものは一応メールしてみようと思います。

という感じでオープニングメールの紹介から長かったのですが、今週も感想メールがたくさん届いているということでお便りスペシャルでした。

ふつおたでは BAND・SAKURA の感想が何通か紹介されましたが、どれも想いのこもった長いものでした。
そして、今週も「桜さんマジ天使」のコーナーがあり、桜さんが「誰か読んで」と助けを求める一幕も。マジ天使もほどほどに。

話の流れで、ベストアルバムのインタビューの時の話も少し聞くことができました。
新曲はカードキャプターさくらをモチーフにした歌詞の曲が 3 曲ありますが、「誰かに『大丈夫だよ』って今でも言い切れちゃいますか?」という質問があったそうです。
さくらちゃんの「絶対、大丈夫だよ」は誰かに言うための言葉というよりは、自分に思い出させるために、言い聞かせたりするために言ったりするセリフだから、と。「頑張れ」という言葉だと重く感じてしまう人もいるかもしれないけど、好きな曲の歌詞で自分に言い聞かせるための言葉なら、素直に聞ことができるかも、と。そういったことをお話されていました。

それ以外には、さくらちゃんへのお誕生日おめでとうメールも紹介されました。
さくらちゃんへのお手紙風のメールで、桜さんの心に響いたようです。
そして、今週の曲は「プラチナ」。さくらフェスでも歌われた、 CC さくらの 3 期の主題歌です。

「究極の選択ジングル」は「漫才をやるならボケとツッコミ、どちらをやってみたい?」という選択でした。
桜さんは「ボケは無理だと思うからツッコミ?」と言って、作家さんに「できるのか?」という目で見られていたようです。
そして、『「おいおい」って言っておけばいいんでしょ。私が選ぶのはツッコミです。』と言った後、「丹下桜のナタデココ」で締めていました。それ、ツッコミじゃなくてボケやないかーい。

ジングルの後は引き続きふつおたコーナーで、タワレコで開催されたイベントの感想が紹介されましたが、 1 通紹介した時点で時間切れ。
続きは来週とのことでしたが、来週はさくらフェスの感想が届きそうですし、またお便りスペシャルになりそうですね。

番宣 20 秒もライブで録ったの 2 本目「マジ天使」の方を今週の番宣として採用ということで、投稿分からの採用はありませんでした。