小説「盟約のリヴァイアサン」の最終巻

丹下桜さんがドラマ CD でアーシャ役を演じていた「盟約のリヴァイアサン」の原作小説が最終巻を迎えました。
紙の本は年末に発売されていたのですが、電子版は一ヶ月遅れでの発売だったので、先日購入してようやく読むことができました。

アーシャは当然最終巻まで出番があったのですが、開始当初の立場は……。でも、最終巻には桜さんのお声で聞いてみたいアーシャのセリフがあったので、アニメ化かせめて本編のドラマ CD 化を期待したい作品ではあります。
ただ、原作が完結してしまってからの展開というのは普通あまり期待できないものなので、桜さんの出演もドラマ CD 一作だけということになってしまいそうで残念です。ドラマ CD 発売の時にはトークショーまで開催してくれただけに惜しいですね。