ミュ~コミ+プラスにて一ヶ月限定 5 分コーナー担当!

さくらblog でも紹介されていますが、ミュ~コミ+プラスにて 6 月の一ヶ月間限定ですが 5 分コーナーを丹下桜さん演じるクロエ・ルメールが担当されることが決定しました!

ミュ~コミ+プラスの木曜日のサポーターズ+がガールフレンド(仮)ですので、桜さんは以前にもゲストとして出演されたことがありますが、今回は番組内番組として 5 分間の番組をクロエ・ルメールが担当するという形になっています。
コーナーなども発表されていますので、要チェックです!

6 月はラジアラ、がをらじに加えてミュ~コミ+プラスと毎週 3 本もラジオを担当されるということで、桜さん大忙しですね。
アニメもレギュラーが 3 本ありますし、それ以外にも隔週と月一でラジオがありますので、ほぼ毎日と言っていいくらい桜さんのお声が聞ける状況で本当に嬉しいです!

彼女がフラグをおられたら 第 8 話

がをられの 8 話を見ました!

お当番回も終わりましたし、夏休みの話ということであまり出番はないかと心配していたのですが、結局みんな集まって、鳴もちょくちょくセリフがあったのでよかったです。
前回ラストでフラグが立ったので、ツンデレといいつつデレ多めになっていて、これはこれでいい感じですね。

予告にもちゃんと顔が出ていましたので、次回も楽しみです。

丹下桜の Radio・A・La・Mode #242

今週の「丹下桜の RADIO・A・La・Mode 」感想。

妻ドラマは、なんと年上のドラマ妻のお話!
普段はなんとなく妻の方が年下の設定だと思って聞いていたのですが、年上というのは今回だけの設定でしょうか。いやでも年上の妻もいいものですね。

ふつおた。
体育祭の話では、桜さんは応援合戦でチアガールをやったことがあるというお話が。チアガールといってもセーラー服のスカートに男子の学ランを着ていたということなのですが、それはそれで悪くないというか、桜さんに学ランを貸した男子がうらやましいです。
それから、がをられ 7 話について、鳴の当番回だった後半はシリアスパートだったので説明が多くて大変だったという話や、攻略済みフラグがたってからは、別キャラのように恋する乙女のようにという指定があったという話がありました。このあたりのちょっとした裏話が聞けるのは嬉しいですね。
役については、まったりお姉さん役のような地声に近い役をやってみたいという話もありました。お姉さん系だとうっかりかしっかりな役はありますが、あまりまったりな役は無い気がしますし、聞いてみたいです。

今週のコーナーは「さくラボ」。
普通はこれで告白はしないだろう、というアイテムを使ったシチュエーションを演じてもらうというものでした。
ブラックボックスから何を引くかわからないというものではあったのですが、過去のさくラボに比べれば楽だったようで、比較的平常心で対応されていたようでした。

フリーペーパーアニカン関連

「丹下桜の月刊くぅ日記」が連載されているフリーペーパーアニカンですが、 web で公開されているバックナンバーの更新が滞っています。

現在公開されているバックナンバーは 4 月号ですが、店頭で配布されている紙面の方は 6 月号となっており、通常であればこの 6 月号も web でバックナンバーが公開される頃のはずです。
また、「丹下桜の月刊くぅ日記」コラム単体の方に至っては 2 月号から更新されておらず、 4 ヶ月遅れとなっています。

私は店頭で 5 月号は手に入れることができず、 6 月号の方だけはなんとか入手しました。
6 月号の内容としてはマチ★アソビの話と来月の北海道の LBR! 公録の話で、特に新しい話はありませんでしたが、 5 月号の方の内容は確認できていません。

店頭での 7 月号配布開始は 6/18 となっていますが、できればそれまでにバックナンバーの公開とコラム単体の更新を期待したいものです。

デュエルマスターズ VS 第 8 話

デュエルマスターズ VSの 8 話を見ました!

先週は寝込んでいてセリフがほとんど無かったるるちゃんですが、今週はすっかり元気になっていました!
対戦中の解説もありましたし、久しぶりの対戦卓投入シーンもありましたし、大活躍です。

先週に続いてヒロインらしからぬセリフがあったり、なかなか凄い表情を見せたりと、このあたりはターゲットの年齢層が低めだからということでしょうか。
個人的には素直に可愛いヒロインの方が嬉しいですが……。

「 Fate/EXTRA 月海原学園放送部」第 11 回が公開されました!

丹下桜さんがパーソナリティを務める web ラジオ「 Fate/EXTRA 月海原学園放送部」の第 11 回が公開されました!

もともと「ひびちからじお」のコーナーとして始まった月海原学園放送部ですが、ひびちからじおが終了するのに伴なって独立し、今後は月海原学園放送部だけが毎月 1 回更新されていく形になります。
配信 URL や番組名などがどうなるのかと思っていたのですが、現時点では URL の変更もありませんし、配信ページのタイトルもそのままですので、当面はこのままひびちからじおの更新が無いだけという状況なのかもしれません。

いずれにせよ月海原学園放送部そのものはコーナーも今までと変わりなく、毎回ゲストを迎えてのトークという形のようですので、安心して聞くことができそうですね。

がをらじ第 08 回感想

がをらじ第 08 回を聞きました!

5 月も後半戦ということなのですが、なんと木戸ちゃんは中間テストだったのだとか……!
そういえば現役高校生でしたね。中間テストという単語自体、久しぶりに聞いた気がします。

続いて、丹下桜さん演じる鳴がお当番回だった、アニメの第 7 話の話。
がをられなのにシリアス回で、桜さんは難しいことたくさん言わされたそうです。確かにシリアスで小難しい単語が多いセリフでした。
あっという間にデレてしまったことについては、もうちょっとツンツンしていたかったけど 1 クールだから難しいよねという、ぶっちゃけトークが。来週からのデレっぷりがどうなるのかわかりませんが、確かにあんまりツンを感じる間もなくデレてしまいました。

今週のふつおたは、先週紹介できなかった公録の感想と、それにあわせて徳島のお遍路の話やお土産の話など。
地方イベントは、初めて参加するという方が多くなるのがいいですね。東京にいると忘れがちな感覚です。

今週の曲紹介は、なんと BD 1 巻の特典 CD に収録される菜波のキャラソンでした。
特典 CD の収録曲を事前に聞けるのは珍しいですね。 6 巻まで毎巻特典 CD が付くのですが、鳴のキャラソンがあるのかどうか、今後の情報に期待です。

今週のコーナーは「このメールを送ったら、フラグが立っているか、教えてもらうんだ」と「ツンデレ公国」でした。
ツンデレ公国の方では、桜さんは 22 時を過ぎたらもう帰りたくなるので、終電になることは少ないという話が聞けました。ブログの更新が夜遅いこともありますし、帰宅も遅い時間になることが多いのかと思っていたので、ちょっとだけ意外でした。

おしらせでは、阿佐ヶ谷のカフェ shirobaco で、コラボカフェが開催されるという新情報がありました。
期間は 5/24 ~ 6/6 ということですが、今のところ鳴にフォーカスしたものも無さそうな感じですし、桜さんファン的な視点では無理して行く程では無さそうな感じです。

そして、来週はゲストに召喚寺菊乃役の阿澄佳奈さんがいらっしゃるそうです。
ラジオも残り回数が少ないですし、毎回誰かが来てくれるといいですね。

イベントDVD「停電少女と羽蟲のオーケストラ いざ宵、オルケストラ。」届きました!

昨日発売になったイベントDVD 「停電少女と羽蟲のオーケストラ いざ宵、オルケストラ。」 (Amazon)が届きました!

通常版を買ったので、割と簡素なパッケージではありますが、ブックレットにも桜さんのお写真が載っていますし、十分満足です。
ディスク 2 枚組でそれぞれ 1 部と 2 部、約 2 時間ずつの内容となっているようです。桜さんの出演は 2 部だけですので、 2 枚目の方だけですね。

私はイベント当日、参加できなかったので、見るのが楽しみです。
この週末に見られるといいのですが、通しでみると 4 時間ですので、なんとか時間を作って早く見たいと思います。

がをらじ第 08 回公開!

今週もがをらじが公開されました。第 08 回です。

通常の更新に加えて、ついに公録の写真が公開されました!
スタッフが写真を撮っていなかったということだったのですが、どこかからいただけたようですね。
木戸ちゃんがコスプレ制服なのに対して桜さんは普通の衣装ですが、普段見ない日傘と手袋が新鮮な感じです。

また、来月発売の CD の音泉通販限定特典 DVD のダイジェストも公開されました!
1 分程度の動画で、ダイジェストというか CM 動画と言ったほうがいい感じの内容ですが、動く桜さんが見られますので予約した人もしていない人も必見です!
そして、予約していない人は是非音泉通販で予約しましょう!

彼女がフラグをおられたら 第 7 話

彼女がフラグをおられたらの第 7 話を見ました!

丹下桜さん演じる鳴が登場して 3 回目、後半がお当番回ということで、ようやくまとまったセリフがあったかと思ったらいきなり怒涛の展開でした。
ツンからデレに、と言ってしまっていいのかという急展開で、ちょっと予想外でした。
当番回は後半だけで残念だと思っていたのですが、その分密度が濃くてセリフが多かったのはよかったです。

次回以降も毎回出番はあるようなのですが、こういう展開だと、もうツンの部分はあまり出ないのかなあとか、当番回が終わってしまったのなら、あまりセリフも無いのかなあ、とか少し不安はあります。

それにしても今回だけに限りませんが、登場人物が多いこともあって、なんというか詰め込みっぷりがすごいというか、みんなあっという間にデレていくというか、ちょっともったいない気がします。
みんなもう少し丁寧に描いてあげて欲しいところです。