丹下桜の Radio・A・La・Mode #397

丹下桜の Radio・A・La・Mode #397 感想。

今週の妻ドラマは、春になると運動を始めるも毎年三日坊主な旦那と勝負をして負けてしまう妻のお話でした。負けたらビールなしというのは厳しすぎたようです。
しかし、私も運動しなくてはと思わされますね……。

オープニングでは五月病の作家さんが桜さんに元気になる一言をお願いするという公私混同な台本が。
それに対して桜さんは「元気ださない子は……アルス・マグナだぁ!」。いいものが聞けました。

ふつおたでは先週話題になった「桜さんマジ天使」というアシスタントに立候補するメールが紹介されました。結構応募が多かったのか、私も出していたのですが読まれませんでした。
面接は公録でという話もありましたが、そもそも現時点で公録が確定しているわけではないようで、 2 年も先の 500 回記念にという案が出ていました。 500 回記念の公録はそれはそれで期待したいですが、それとは別に特に記念ではなくてもいいので公録を開催して欲しいですね。アシスタントの面接は無くてもいいので (笑)

他にはグラブルのトークショーやゲーム内イベントの感想が紹介されました。
トークショーは桜さんは 100 人規模だと思っていたそうなのですが、実際には 1000 人規模が 2 回だったそうです。参加した人のツイートなどは色々読んだのですが、結構会場一杯に人が入って、場所によっては見えづらかったりもしたようですね。
ゲームのイベントの方は、今回はカリオストロと他のキャラとのかけあいがあって、今まで団長さんとの会話しかなかったので新鮮だったという桜さんの感想が聞けました。確かにカリオストロはメインのストーリーに関係するキャラクターではないので、今回のイベントでキャラ同士の会話が聞けて、カリオストロ自体のセリフも多くてよかったです。

今週のコーナーは「さくランキング」。
読まれたお題は「今までに育てた珍しい植物」と「子供の頃は苦手だったけど大人になって好きになった食べ物」で、後者は私の投稿でした!
私がお寿司や山菜の天ぷらと書いたのに対して、作家さんは同意してくださっていたようですし、桜さんは桜さんで好きな具材は変わったという話をして下さいました。また、そこから前回の「小学校のころにもてた男子のランキング」に繋がって、「食べ物と男性の好みは大人になると変わる」という桜さんのお言葉がいただけたのが良かったです。


さくランキングは投稿してもなかなか採用されない時期が長かったのですが、ここのところは採用されていて嬉しいです。
コーナーへの投稿数自体が減っているのでなければいいのですが、それはそれとして私は私でこれからも採用されるように頑張って投稿していこうと思います。

丹下桜の Radio・A・La・Mode #396

丹下桜の Radio・A・La・Mode #396 感想。

今週の妻ドラマはゴールデンウィークの旅行中、ブレーカーを落としていたので録画もされておらず、冷蔵庫もすっからかんにして行ったので空っぽで夕食が作れなかった、といううっかり妻のお話でした。
ゴールデンウィークの旅行自体は楽しかったみたいなので、いい連休だったのではないでしょうか。
ちなみに桜さんの業界は通常営業で、桜さんもゴールデンウィーク中もレギュラーは全部普段通りのスケジュールだったそうです。

ふつおたでは郡山の開成山に行ってきた人のメールが紹介されました。東北なのでちょうど桜が見頃の時期だったようです。
開成山は桜さんが「社にほへと」で演じるキャラクターですが、公式サイトが最近ずっとメンテナンス中で少し先行きが不安ですね……。無事にサービス開始してほしいものです。

Switch 版 Fate/EXTELLA の PV の感想も紹介されました。
PV のナレーションは、元気めにネロを演じたら可愛くなってしまったそうです。可愛いネロもいいですよね。

それから、インストアイベントでは言えなかったという話ありました。
ブックレットの中では階段のところですずちゃんと一緒にいる写真がお気に入りだということなのですが、よく考えたらくぅちゃんに続いてすずちゃんとこうして写真を撮ってもらえたことが嬉しくて、桜さんが嬉しそうに撮れているのが気に入っているそうです。そのお話を聞いて photo card の歌詞みたいだなと思ったのですが、桜さんご自身も photo card を思い出してたそうです。

今週のコーナーは「あなたとワンシーン」。
お題は「教室の戸を開ける音」だったのですが、紹介された投稿は基本的にキャプション通りに使ったネタばかりだったようですね。
生徒側のネタ、教師側のネタ、色々ありましたが教室で告白風に番宣をするネタが一番お気に入りです。

番宣では、桜さんマジ天使と叫んでくれるアシスタントを募集というものだったのですが、実際に募集して公録で面談という流れに。作家さんはその気のようでしたが、実現するのでしょうか。少なくとも公録はあると期待していいのでしょうか。今後に期待です。

丹下桜の Radio・A・La・Mode #395

丹下桜の Radio・A・La・Mode #395 感想。

妻ドラマは、旦那が寝坊したせいでピクニックに行けず、カラオケに行ったお話でした。
週末、朝から起きられるように頑張りたいと思います……。

オープニングのメールはグラブルのお話でした。
イベントの予告を聞いて桜さんのイケメンボイスもいけますよというメールでしたが、私もそう思います。以前から思っていたのですが、普通に好青年もできると思うんですよね。いつかそういう役にも期待したいです。
ちなみに、昨日から始まったグラブルのカリオストロイベントではいままでにないセリフ量だったそうで、台本はなんと 150 ページほどあったそうです。桜さんのセリフだけではないと思いますが、確かにイベント全体で 2 時間くらいは聞き続けるくらいのセリフ量があったので、そのうちのカリオストロの比率を考えるとかなり多かったのだと思います。
最近はきゅるるんとしたセリフが多かったけど、今回はほぼほぼおじさん……もとい、イケメンボイスとのこと。全部聞きましたが、9 割くらいはイケメンボイスでのお話でした。私は幸いガチャに追加された SSR のカリオストロの方もゲットできたのですが、こちらのフェイトエピソードもセリフの半分以上がイケメンボイスで、桜さんの新しい魅力を発見できたような気がします。もちろんあざとかわいいセリフも破壊力満点でしたが。

ふつおたでは、お昼ご飯の話が紹介されました。
桜さんはカフェなどで食べることが多いそうなのですが、ラジアラスタッフお兄さん達がランチに行った文化放送の近くの天ぷら屋さんの話が気になりました。食べ放題でゆで卵やおもち、ハンバーグなどもあるそうで、ちょっと行ってみたいですね。あのあたりに昼に行くことはほとんどないのですが、一応覚えておこうと思いました。

他には、今週もインストアイベント感想メールが紹介されました。
その中で、桜さんの歌の歌詞の一人称、二人称を調べた人の投稿がありました。割合でいうと「きみ」が一番多かったのですが、桜さんも「きみ」がしっくりくることが多いという自覚はあったそうです。あとは「あなた」も多いのですが、このあたりの書き方は作詞を始めた頃に参考にした江國さんの影響が大きいとのこと。なかなか興味深いお話です。

今週のコーナーは「さくランキング」。
採用された投稿は「小学生男子のもてる基準」と、もう一つは私の投稿「昔のラジオでの苦い思い出」でした!
テープの話など、桜さんにもリスナーさんにも昔を知っている人には結構ウケたようで、色々と懐しい話が聞けてよかったです。それにしても、今は本当に便利になりましたよね。

丹下桜の Radio・A・La・Mode #394

丹下桜の Radio・A・La・Mode #394 感想。

今週の妻ドラマは、洗濯中に部屋の模様替えを始めて、洗濯物を干し忘れた妻のお話でした。
ストレートにうっかりな妻のお話は久しぶりな気がします。

オープニングトークでは、関東はもう春を通りこして初夏の陽気という話から、作家さんの服の話に。
作家さんがいつもの T シャツではなく、襟がある花柄のシャツ着ていたようなのですが、桜さんからは浮かれてるの?と言われてしまう始末でした。
それにしても、収録のなごやかな雰囲気が伝わってくる一幕でした。

ふつおたでは、つくしの卵とじを作って食べた方のメールが紹介されました。
桜さんはつくしの卵とじを食べる時は、昔は鶏を一緒にとじることが多かったそうなのですが、今は豚の方が好きなのだそうです。
つくしの卵とじって私は食べたことがないのですが、比較的一般的なのでしょうか。少し食べてみたくなりました。

各種感想メールの紹介もありました。
まずは、相鉄線のそうにゃんの感想でした。そうにゃんはもともとはゆるキャラで、桜さんへのオファーの時にゆるきゃらのページの URL が一緒にきたそうで、桜さんは初めてゆるキャラを演じることになるのかと思ったそうです。
実際に演じられたのはリアル猫だったわけですが、その猫がてぷーんとした猫でどう演じるか少し考えたけれど、桜さんのままの声で大丈夫ということでああいう演技というかナレーションのような感じになったようです。
続編も予定されていますが、まだ半年くらい先なんですよね。待ち遠しいです。

続いてはアニメイト横浜のインストアイベントの感想も紹介されました。インストアイベント初参加という人のメールもあり、いつも同じ参加者ばかりというわけでもないんだなと、少し嬉しくなりました。
イベント当日もアンケートで読まれた某フレンズの「すっごーい」の話がありました。桜さんは作品は見ていないそうですが、話題になっているのはさすがにご存知だったようです。野生のトイプードルが登場するのであればオファー待ってますということなので、今後の展開に期待……したいところですが、そもそもあの作品に普通の犬って出てくるものなのでしょうか。新しくゲームも開始されるようですし、プードルでなくても桜さんにお声がかかるといいのですが。

また、少し古い話ですがさくらフェスではの生アフレコの話もありました。
アドリブの「ケロちゃんチェック」が「天丼」だったという話で、生アフレコは桜さんは最初は完コピして再現に務めようと予習していったそうなのですが、当日はまさかの久川さんがアドリブで「ケロちゃんチェック」を入れてきて、その流れでみんな「ケロちゃんチェック」をどんどん入れてきてあんなことに。桜さんはさくらちゃんの立ち位置的に全「ケロちゃんチェック」受けだったので、頑張って最後までボケ通したそうです。
確かに桜さんのセリフの直前に「ケロちゃんチェック」が入るシーンが多かったので、桜さんのアドリブはそれにどう返すのかという感じでした。いつか機会があれば、桜さんが主導してアドリブを言う生アフレコというものも見てみたいものです。

今週のコーナーはさくラボ意識調査。お題は「流行り言葉はどんどん使う」かどうかでした。
「ないね派」の意見としては私の投稿が読まれました!読まれたのが私のものだけだったので、ないね派は少数派だったのかと思ったのですが、だよね派 29% に対してないね派が 50% と、実はないね派の方が多数派でした。


そして、最後に告知でラジアラ T シャツの再販の紹介があるかと思っていたのですが、特に触れられませんでした。
放送時に売り切れている可能性があったので告知しなかったのでしょうか。結局メトロブルーの 3 サイズが早々に売り切れた後はあまり動きがないようですので、来週あらためて告知されるかもしれませんね。

丹下桜の Radio・A・La・Mode #393

丹下桜の Radio・A・La・Mode #393 感想。

今週の妻ドラマは旦那様だと思って声をかけたら別人だったお話。
いつものうっかりではありますが、八つ当たりにおつまみを手抜きされる旦那様が少し気の毒です。

オープニングメールは新年度ということもあって、クラス替えのメールが紹介されました。
桜さんは中学生の時は 45 人 12 クラスの学校でクラス替えでは結構顔ぶれが変わってしまったけれど、家が近所の子や習い事が一緒の子がクラスにいたので仲良くしていたそうです。当時は今よりも人見知りだったので、広く浅くお友達付き合いというのできなかったということです。
桜さんに限らず、声優さんは人見知りの方が多い印象があります。結構色々な人と会うお仕事なので、人見知りだと大変そうだと思うんですけど……。

ふつおたでは、まずは 26 年生きてきて初めて年齢確認をされた人からのメールが読まれました。
桜さんは年齢確認をされた経験がないそうで、桜さん曰く「悪いことしそうには見えなかったのかな」ということなのですが、年齢確認ってそういう目的でするものでもないような気がします。
ちなみに 30 歳の頃の習い事で、桜さん以外は女子大生ばかりのチームに入った時に桜さんも女子大生だと思われていたそうで、まだまだいけると思ったという話もありました。実際、今回のアルバムの写真もそうですし、イベントやライブでご本人を見ても実際のお歳よりはとても若く感じます。声のイメージもあるとは思いますが、笑顔などから受ける印象がお若いんだろうなあと私は思っています。

続いては、今回のアルバムの写真のキッチンで作っているものは何でしょうというクイズの答合わせ。
野菜、果物、ミルクということで正解はスムージー。見事正解された方がいらっしゃいました。
一応私の回答も紹介されて、野菜ジュースでも正解をいただいたのですが、私のミルクを見落していたのでおまけでの正解かな、と思っています。他に正解者がいなくて私の答えが採用されたのかなと思います。
スタジオでの撮影は時間の制限もあるし、火も使えないという条件で、カラフルな野菜を並べて撮れるからということで選ばれたのがスムージーだったようです。

その流れで「食事で気をつけていることってありますか」というメールに対してスムージーをお薦めされていました。
桜さんは撮影以降すっかりはまってしまって、毎日飲んでいるそうです。

後半は久しぶりのコーナー。今週は「さくランキング」でした。
紹介されたのは、でこちゃんの好きなところベスト 3 と好きな怪獣ベスト 3 。
デュエマの話をいろいろ聞けたのですが、その流れで桜さんはるるちゃんもですがさくらちゃんとかリンコとかもあまりセクシー路線にはいって欲しくないなあ、というようなことを言われていたのが印象的でした。私もそこは同感で、最初からセクシー路線を意識した作品やキャラクターであればいいのですが、そうでないのであれば慎みをもった女の子として描写してあげて欲しいなあと思ってしまいます。
また、好きな怪獣の方の第 1 位は当然さくらちゃんで、お約束ではありますが桜さんの「さくら怪獣じゃないもん」を聞くことができました!