丹下桜の Radio・A・La・Mode #436

丹下桜の Radio・A・La・Mode #436 感想。

オープニングではバレンタインの話題でした。
桜さんがリンコ、ネロ、さくらちゃんとしてそれぞれプレゼントするとしたらというメールに対しての桜さんからの答えは
・さくらちゃんからは、小狼にくまさん型のかわいいチョコ
・ネロからは奏者に手作りで、ハート型にひらがなで「そーしゃへ」と書これているもの。うむ、至高のチョコ。
・リンコからはカレシに、激辛チョコもしくはサバチョコ
でした。一番気になるのはサバチョコですね。気になるだけで食べたいとは思いませんが……。

ふつおたでは、今週もクリアカード編と Last Encore の感想メールが紹介されました。
クリアカード編では一段と料理がおいしそうに描かれているということで、お弁当のおにぎりの話題に。おにぎりは、西は俵型、東は三角が多いそうで、愛知の桜さんは三角が馴染み深いようです。確かに東京に出てきてから、あまり俵型のおにぎりを見ない気がします。
Last Encore では OP のセイバーの涙が気になるというメールが紹介されました。それに対して、桜さんは ED の方で薔薇の作品が泡になっているのが何を暗示しているのか、奈須さんの作品だしすんなりハッピーエンドは難しいのかな、と先が不安になっているようです。確かに誰もがハッピーになるエンディングになるとは思えません……。せめてセイバーだけでも幸せになって欲しいものですが。

今週のコーナーはさくラボ「意識調査」。
お題「朝起きる時は強烈な音」に対してだよね派は 3 割程度。ないね派がその倍と、やはりないね派が多数でした。
さくらblog に書かれていた桜さんの目覚し音「煎茶」はおそらく iPhone のものですね。私も聞いてみましたが、名前から想像するよりもポップな感じの電子音で、ちょっと驚きました。
そして、本題より印象的だった桜さんのうっかり。「体内時計」と言うつもりで「体内電池」と言ってしまい、 2 月にして早々にラジアラワード候補が生まれました!

丹下桜の Radio・A・La・Mode #435

丹下桜の Radio・A・La・Mode #435 感想。

オープニングトークでは二月に入ったという話で、桜さんは新年からイベントや新番組の放送開始でフルスロットルだったけど、まだ一ヶ月しか経ってないんですよね、と。確かに密度の濃い一月でした。

今週はふつおたでは Fate 関連のメール紹介が多かったです。
Fate/EXTRA Last Encore の先行上映会とアニメの感想の他、カルデアラジオの感想も紹介されました。
先行上映会では海外イベントでローマに行きたいという話が出たのですが、その裏話が聞けました。去年の年末特番では「
2018 年末はローマからお届けしたいですね、しーゆーねくすとろーま」と言って締めたそうなのですが、そもそも今回はマジメな感じでお願いしますって最初から言われていたそうで、ばっさりカットとなったようです。そう言われていたのにしーゆーねくすとろーまを入れようとするのはなかなかチャレンジングですね。 Fate は言ったことが実現してきてるから、編集できない上映会で言ったということでしたが、なんとか実現するといいですね。
アニメに関しては、桜さんは ED の最後で赤セイバーと奏者と手をつないで見つめあうシーンが好きだというお話でした。なんでこんなに好きなんだろうと思っていたら、阿部さんに奏者ってこんなに笑うんだと言われて、そうか好きな人の笑顔が見られるから好きなんだと納得したそうです。私も次に ED 見る時にはちょっと注目して見ようと思います。

今週のコーナーは先週に続いて「さくランキング」。
紹介されたのは「好きなうどんのトッピング」「結婚式で流したい桜さん楽曲」の二つでした。
『 every good morning 』の歌詞の「おはようのキス」というフレーズについて、桜さんは自分で書いた歌詞だけど、あらためて人から言われると恥ずかしいと照れていました。歌に乗せると普通に感じるんですけど、確かにそのフレーズだけ取り出すと甘酸っぱさがありますね。
ちなみに桜さんの歌にはずばりウェディングソングがあって、『 Cherish 』がそうだとのこと。結婚式でかけてくださいと桜さんご本人の推薦がありました。これから結婚される方は是非。

『 Fate/Grand Order カルデア・ラジオ局』超!A&G+ 版 第 56 回

先週の水曜日に超A&G+ で放送された、 Fate/Grand Order カルデア・ラジオ局の感想です。
もちろん丹下桜さんがゲスト出演された回です。

ちなみに現在は YouTube でアーカイブが見られる状態になっているので、見逃した人はこちらをチェックです。
また、番組公式サイトに放送レポートと出演者のコメントが、番組公式 Twitter に写真がアップロードされている他、パーソナリティの田中美海さんもブログで番組について触れられていますので、こちらも要チェックです。


あらためてここから感想です。
番組中にメール募集があったり、コーナーの切り替え時には画面に出演者が映らなかったりするのところに動画生放送らしさを感じて、普段のラジアラとの違いが新鮮でした。

この番組は普段聞いていないのですが、パーソナリティのお二人がかなり若く、さらにかなりファン寄りの立場で会話しているのが微笑ましい感じでした。
お二人にとっては桜さんは大先輩にあたるので、後輩的な立場と、ネロ、ジャックのキャストをゲストに迎える作品のファン的な立場でのトークが綯い交ぜになっていて、桜さんファンとしてはちょっと嬉しく思いながら見ていました。

桜さんの自己紹介の時にはラジアラの CM の話もあり、 Fate 関連のネタの時には特に狙ってこの番組の後に特に流れたりするそうです。水着ネロ CM を採用してもらった身としては、投稿してよかったと思いました。

キャラ紹介では、ネロの話とジャックの話が色々と。
収録時の裏話などもあって、楽しく聞けました。
また、その流れでジャックの生セリフがたくさん聞けたのがとても良かったのですが、パーソナリティの二人が完全にファンの反応で死んでいたのが面白かったです。ゲストが来る時はお二人はいつもこんな感じなのでしょうか。それとも桜さんだったからでしょうか。

続いて「先輩、お勉強勉強の時間です」のコーナーで Fate/EXTRA Last Encore の話がありました。
先行上映会を除くと、放送開始後としては初トークでしょうか。
桜さんが家で V チェックしながら台本読んでいた時に、聖杯戦争を正妻戦争と言っちゃったけど、今回は奏者と対のサーヴァントはセイバーだけだから、聖杯戦争くらい余裕と言っていたのが楽しかったです。

メール紹介のコーナーもあったのですが、メールではなくマフィア梶田さんの Twitter 実況が紹介され、桜さんが「梶田さん、こんばんは」と挨拶する一幕も。生ならではですね。
他には田中さんの水着ネロの物真似と、桜さんによる「なーいっすないす、ないすばでー」も聞けました。
盛り沢山ではありましたが、時間は短くだいぶ駆け足な感じでした。


パーソナティのお二人の特徴なのかとにかくノリのいい番組で、桜さんが出演されているおかげもあって、あっという間の 1 時間でした。 Last Encore 放送中にまたあらためてゲスト出演して欲しいものです。


なお、ラジアラと同時刻に放送された文化放送版の方には残念ながら桜さんの出演はありませんでした。
もちろん桜さんについての話題は色々出たのですが、ラジアラと重なっているからということであえて出演されなかったのかもしれませんね。今であれば両方聞く手段も色々ありますので、ちょっと残念でした。

丹下桜の Radio・A・La・Mode #434

丹下桜の Radio・A・La・Mode #434 感想。


放送日が 1/28 だったのです、 1/22 に東京降った大雪の話からでした。
桜さんは当日は昼過ぎには帰宅されたので影響はあまりなかったそうですが、作家さんは帰宅困難になったのだとか。私は地下鉄だから大丈夫だろうとたかをくくっていたら、大幅に遅れがでていていつもの倍くらいの時間がかかってしまいました……。

オープニングメールでは節分、恵方巻の話があり、その流れで桜さんはサンドイッチのキュウリが苦手というお話を聞けました。サンドイッチ以外なら平気だそうで、単品なら平気でも何かに挟んだりすると組み合わせによってはダメなんだとか。私は具体的にこれがダメというのはありませんが、なんとなくわかる気はします。

続いてふつおたの紹介だったのですが、さくらスペシャルではないふつおたは久しぶりということで、もう月末ではありますが「明けましておめでとうございます」で始まる年始メールも紹介されました。内容としては今年が戌年だという話や、元旦にミステリー初日の出ツアーに行った話、年末年始のしょっぱい話などがありました。

桜さんは今年は初詣は近所の神社だったそうなのですが、それ以外にブログにも書かれていたように Fate/EXTRA Last Encore のヒット祈願に行かれたそうです。その日出番があったキャストと、スタッフで行ったそうなのですが、本殿に入ってちゃんと祈祷もしてもらった上で絵馬を奉納されたそうです。祝詞で「ふぇいと~えくすとら~」と横文字を読み上げるのが少しおかしかったということでした。
ちなみに、ブログの写真を参考に私もその神社に行ってヒット祈願をした後、桜さんたちが奉納された絵馬を見てきました。表には桜さんと阿部さんのお名前しか書かれていなかったのですが、裏には当日出番があったという方のお名前が書かれていました。現時点でまだ発表されていない方でしたので、アニメでの登場を楽しみに待ちたいと思います!

また、年末年始のしょっぱい話では、まさかのさくらサンタが登場しました。しかも BGM までさくらサンタの時のものを使用するという力の入れようで、ちょっと笑ってしまいました。


後半はこれまた久しぶりのコーナーで「さくランキング」。
だったのですが、ふつおたが長くて紹介された投稿は 1 通だけでした。それではあんまりだということで、来週のコーナーも続けてさくランキングとなりました。
ちなみに紹介されたのは百人一首ベスト 3 で、桜さんが好きな歌は持統天皇の「春すぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山」だそうです。
私も学生時代には結構覚えたんですが、もうほとんど忘れてしまいました。あまり好き嫌いを意識したことはなくて、どの歌の札が取りやすいかという視点でしか見ていなかった気がします。

丹下桜の Radio・A・La・Mode #433

丹下桜の Radio・A・La・Mode #433 感想です。

オープニングの挨拶では台本に「マジ天使な丹下桜です」と書かれていたそうなのですが、そろそろ恥ずかしくなってきたということで、メールで描いてくれた分は読めるけど、自分での名乗りでマジ天使というのは一区切りのようです。

オープニングは受験生からのメールで、受験勉強しながらラジアラを聞いているという方から。桜さんのラジオを聴きながら受験勉強できるのは励みになっていいですね。
ちょうどセンターが終わったところだそうですが、まだまだこれから。頑張って欲しいものです。

ふつおたは、今週もさくら感想スペシャルでした。
先週紹介できなかった分に加えて今週さらに届いたということで、もともと全部は紹介できないにしても大量だったようですね。カードキャプターさくらなので当然といえば当然かもしれません。初めましてのメールもあるようで、さくらをきっかけにラジアラを聞き始める人が増えるといいなあと思います。
感想はみんな感動が伝わってくるような内容だったのですが、衝撃的だったのは前作の放送当時や劇場版の上映当時、幼稚園生だったり生まれていなかったりという人からのメールが初回されたことです。桜さんも「生まれていなかった」を二回読むあたり、やはり衝撃的だったのでしょうか。広い世代に受け入れられているからこそだと思いますので、喜ぶべきことなのですが、それはそれとして自分の歳を感じてしまいました……。

収録の話で印象に残ったのは、さくらちゃんの雪兎さんへの態度に演技指導があったお話です。
桜さんがちょっと遠慮して距離を置いた演技をしたら、初恋の、憧れの雪兎さんのままで演技して下さいと言われたそうで、桜さんとしては好きな人が二人になっちゃうので演じにくいと思ってしまったそうです。解決策として、雪兎さんを演じる緒方さんに対する敬愛の思いをそのまま表現する感じで演じて OK をもらったそうです。そういう視点で演技を聞いてみても面白いかもしれないと思いました。

あとは、桜さんが喜久子さんに何回か 17 歳教に誘われてるというお話も印象に残りました。桜さんはぶれやすいので、遠回しに断わっているということだったのですが、誘われてはいるんですね。久川さんにも別に断わってもいいのよと言われたそうですが、やはり 17 歳教は一大勢力ということなのでしょうか。