丹下桜の Radio・A・La・Mode #454

丹下桜の Radio・A・La・Mode #454 感想。

オープニングでは父の日に関するメールが紹介されました。
また、父の日繋りでクリアカード編 21 話についてのメールも紹介され、藤隆さんと桃矢お兄ちゃんのシーンで桜さんもオンエアを見て感動したというお話が聞けました。

ふつおたでは先週発売された Fate/EXTELLA LINK の感想が紹介されました。
今回は結構キャス狐と仲がいい感じのやりとりがあるようで、桜さんはそういうシーンが結構好きだという話や、小さい姿のアルテラに対してはネロが母性本能発揮するんだなあと思った話などが聞けた……のはいいのですが、私は買ったはいいものの起動していないだけでなく、ストーリーなども全くチェックしていないのでどういう状況なのかわからないまま聞いていました。プレイしてからあらためて聞き直したい話ですね。

そして、今週は久しぶりに桜舞うお茶会のお時間がありました。
仙台のスイーツ紹介ということで「ずんだ団子」が紹介されました。グラブルの仙台のイベントの前に送られていたメールのようなのですが紹介が今になってしまったようで、桜さんは仙台行きの第二弾があれば挑戦したいとのことでした。
私もずんだ餅は食べたことがありますが、ずんだ団子は知らなかったので機会があればチャレンジしてみたいと思います。

それから今回のメインコーナー、クリアカード編最終回の感想メールが紹介されました。
クリアカード編は桜さんが好きなシーンがたくさんあったそうで、1 話の小狼くんとの再開ハグのシーンから始まり、お花見お弁当回、水族館回、みんなが動物さんになっちゃう回、小狼くんと一緒に空を飛ぶ回など挙げていけばきりがない感じでした。
また、前作から作中に美味しいものが出てくると話題になっていたけれど、クリアカード編は本当に美味しそうなものが多くてレベルアップしてると現場でも話題だったようです。

最終回まで先の展開を知らずに収録をしていたそうで、ずっとドキドキ、ワクワクしっぱなしだったとか。
21 話でエリオルくんと海渡さんの対決があったから、 22 話はさくらちゃんも対決することになるかと思っていたらフードの人物の正体はわかったものの、そこから先はああいう展開に。出演者もみんなどういうことなのかともやもやしている状態で終わってしまって、桜さんも最終回を迎えた気がしないというのが正直な感想だそうです。
もちろん見ている方としても終わった気がしていないので、なんとしても続きを期待したいですね。

クリアカード編のさくらちゃんは、強くてハイテンションな女の子になっているのですが、桜さんとしては自分の中のさくらちゃん像と重ならない部分もあったのか、ものすごく悩んだりつらい思いをしたこともあったようです。でも、自分にできることをやろう、大事にしたいふんわりした部分は守ろうと思いながら演技されたそうです。
今作は音響監督さんの方針にあわせた演技指導がかなりあったようですので、そのあたり感覚的な齟齬が埋められなかったのかもしれませんね。長く続く作品であり、前作から時間があいたところと、作中での時間の経過と、色々な要素が重なった上でのことだと思うのでなかなか難しいところです……。

ちなみに、さくらblog は事務局が更新する形の公式ブログになったようなので、桜さんがご自分のお言葉で話すのはラジアラやインタビューだけになってしまうそうです。
さくらblog での情報発信が早くなったのは感じるのでその点はいいのですが、さくらblog から垣間見える桜さんの心情や日常が好きだったので、正直なところ残念だという思いの方が強いですね……。


今週の曲紹介はプラチナでした。
クリアカード編ではさくらちゃんが歌った曲がないので、続編を作っていただいて歌も歌ってくれることを期待したいです。
そして、オープニングとエンディングのさくらちゃんバージョンもあわせて収録したキャラクターソング CD を作って欲しいですね。


ということで、やると言っていたコーナーは、今週もやはりありませんでした。
来週こそは絶対やりますと言いかけた桜さんに、作家さんから絶対って言わない方がいいですよとのアドバイス。ということで、来週できたらやりますと言い直されていました。
来週は来週で「声優と夜あそび」の感想メールが届きそうですし、コーナーがあるのかないのか。ちょっと楽しみです。

丹下桜の Radio・A・La・Mode #453

丹下桜の Radio・A・La・Mode #453 感想。

オープニングでは「さくらのバトルコスチュームデザインコンテスト」についてのメールが紹介されました。
さくらさんは自分でデザインするより、審査員枠があったらやってみたいとのこと。公式サイトには特別審査員が後日発表と書かれていますので、桜さんが特別審査員になる可能性はありそうですね!

ふつおたでは初めましてのメールが何名か紹介されました。
やはりカードキャプターさくらがきっかけになって送ってくる人が増えているようで嬉しいですね。これからもどんどんメールを送って欲しいものです。
そのうちの一通は高校生からの恋の相談メールだったのですが、青春していていいなあと自分の高校時代を思い出してしまいました。

他にはグラブルサマーフェスの感想メールが紹介されました。私は参加できなかったので嬉しいですね。
イベントではサイコロトークがあったようで、演じているキャラとの共通点という話題には桜さんは「ざっくりなところ」を挙げたそうです。
また、オリジナルボスを考えるコーナーでは絵を描くと放送事故になりかねないのでシルエットで描いたそうなのです。ぱっと見で黄色い封印の獣っぽいのではと話題になってのですが、ヒゲがあるし、色は濁った紫色とかそんな感じだと思うので、全然別のものだと主張されていました。
二日目の最後の挨拶では究極まで可愛く「ぎゅうたん」と言おうということで、今井さんを抱きしめながら「ぎゅー」、頭に手を置きながら「たん」と言って会場を湧かせていたようです。かなり盛り上ったようで、これは生で聞いてみたかったなあと思いました。

そんなこんなで今回はふつおたスペシャルでした。
コーナーは来週にということですが、さくらの最終回の感想が大量に届くと思うので、もう一週ふつおたスペシャルになるのではないかと思わなくもないです。

ちきゅうラジオ聞きました!

丹下桜さんがすずめちゃんとして出演された「ちきゅうラジオ」の聴き逃し配信が終わる前にと思って、聞いてきました!

すずめちゃんは Twitter メッセージとメールの紹介担当でした。
冒頭に紹介があった後は、途中、途中で何度か出番があるという感じでした。基本的にすずめちゃんとしてメッセージをそのまま読むだけで、出番もあまり多くなかったのがちょっと残念ではありました。
とはいえ、番組自体が 1 時間半くらいあるので、何度かお声を聞けたのはよかったです。

すずめちゃんはレギュラーというわけではなさそうですが、ワールドカップが始まってまたサッカー特集回がある時などにでも出演されることを期待したいですね。
その時はせっかくの生放送なので事前告知があるとさらに嬉しいです。

丹下桜の Radio・A・La・Mode #452

丹下桜の Radio・A・La・Mode #452 感想。

オープニングではラジアラ T シャツを着てる人を地元で見かけたというメールが紹介されました。
投稿者は部屋で来ていることが多いそうですが、私も同じく部屋で着ていることが多いです。そろそろ暑くなりますし、会社に着ていって宣伝してみるのもいいかもしれませんね。

ふつおたでは、私が送ったカードキャプターさくらの感想メールを読んでいただけました!
20 話の感想だったのですが、ラジアラ放送の朝に次の 21 話が放送されているのをすっかり忘れていたので、 21 話放送前の書き方になってしまったのはちょっと失敗でした。
ぬいぐるみの話を書いたところ、桜さんが横断歩道で目の前に立ってた人がケロちゃんのポーチをつけていたというお話を聞くことができました。

アフレコについては、最終回は何週か空けけて録ったそうで、どうなるのかキャストみんなドキドキしていたそうです。確かに 21 話を見た後で間が空くと、どうなるのか気になってしまいますね。
また、 20 話の最初の厚焼きたまごを作るシーンでの歌は、台本 3 ページくらいの歌詞があったのをアドリブで歌ったそうです。台本ではケロちゃんは歌ではかったところを、久川さんがアドリブでさくらちゃんにあわせて歌ってくれたのが嬉しかったそうです。

それから、プリンセスコネクトのイリヤが実装されたことについてのメールも紹介されました。
イリヤは、子供の姿と大人の姿があるのですが、子供の姿の時は最近では珍しい子供子供したキャラで、やるたびにどんどん幼なくなってるような気がするそうです。スタッフさんも幼くなる分には大歓迎ということで、今後もシナリオがあればかなり子供っぽいイリヤが見られそうですね。楽しみです。

今週のコーナーは「さくランキング」。
紹介されたのは「流行ったおまじないランキング」と「ダークな発言をする桜さんが演じたキャラランキング」でした。
桜さんはダークな役は結構楽しんで演じてるそうですが、根っからの悪役というよりは、無邪気だけど邪悪なキャラクターという役の方が多いそうです。ジャックなどがまさにそういうタイプでした。
桜さんが演じる悪役は貴重なので、たまにそういう役があると嬉しいですね。

丹下桜の Radio・A・La・Mode #451

丹下桜の Radio・A・La・Mode #451 感想。

先週発表された 500 回記念公録の話を受けて、オープニングとふつおたでは喜びのメールがたくさん紹介されました。
500 回まで放送が続くということで、改変突破 2 回確約おめでとうというメールが紹介されました。そんなに先の放送まで発表されるというのは、ラジオ全体を見てもなかなかないことなのではないでしょうか。
500 回放送については、おそらく公録とあわせてプロデューサーさんが超 A&G+ トップ 2 人に確約をもらってきたそうで、プロデューサーさんの手腕のおかげということですね。ありがたいことです。
公録についてのメールもあり、過去の公録で使われたブブゼラなど懐しい話もありました。次の公録でも妻ドラマを希望という投稿に対して、桜さんが「妻ドラマをやるの、決定にしちゃいましょうか。『記念日のお祝い』をテーマにした台本募集するのはどうかな?」と、 1 年後の開催に向けて早速具体的に動き始めました。途中で変更があるかもしれませんが、私も台本を考えて送ってみようと思います。

それから、今週の「桜舞うお茶会」のコーナーはプリンの紹介でした。
お台場でイベントが開催されていたようで、そちらで販売されていたプリンから美味しかったというものがピックアップされていました。
まだ明確にコーナー化されたわけではありませんが、毎週メールが紹介されて着々と既成事実化が進んでいます。ただ、コーナーになって数週に一度紹介されるより、今のようにふつおたで毎週紹介される方がいいのかもしれないとも思ってしまいますね。

今週のコーナーはさくラボの意識調査で、お題は「誘われたら断われない」かどうかでした。
ないね派が 61% と多数派だったのですが、印象的だったのはその他派の「誘われない」という一言でした……。